30代!美白化粧品おすすめ口コミランキング~シミ・くすみのない透明感の肌へ~

美白化粧品はメーカーやブランドが様々ありますが、30代に適したものがどれかイマイチ分からず悩んでいませんか?

基礎化粧品は年代ごとに変える必要があり、何を使うかで効果実感が全く違います。

30代から気になるシミ・くすみの原因や特徴に合った美白化粧品おすすめ口コミランキングをまとめました。効果をアップさせる選び方・使い方も解説していきます!

30代の肌の特徴と美白対策とは?

美白化粧品を選ぼうと人気ブランドを調べたら情報が多すぎて困った…そんな経験は誰にでもあるはずです。

自分に合った美白化粧品を選ぶなら、まずは肌質や必要な対策を明確にしましょう。30代の肌の特徴や必要な美白対策が分かれば、もっと化粧品選びは簡単になります。

30代からシミ・くすみが出てくる原因

シミ・くすみと言っても年代によって現れ方は異なり、それぞれ対策方法が違います。30代の肌で特徴的なのはターンオーバーが遅くなるということで、これがシミ・くすみの原因に結びつきます。

20代の頃はシミ・くすみが一時的に発生しても元の肌色に戻す力が高いため、問題が深刻化しません。しかし30代を超えると新陳代謝が落ち、肌のターンオーバーに時間がかかります。

今までスムーズに排出されていたメラニン色素が角質層に滞るようになってしまい、シミ・くすみが出るようになるのです。さらに追い討ちをかけるのが乾燥。肌の水分量が下がると紫外線などの外的ダメージを受けやすくなり、シミ・くすみを悪化させます。

30代からの美白対策

30代から現れる肌の変化は複雑で、対策を諦めてしまう女性が多く存在します。しかし正しい美白対策は30代から始めても決して遅くありません!化粧品の製造技術の発達で成分が進化した今、美白対策を諦めてしまうのはもったいないです。

30代の肌には、ダメージを受けてしまった状態を回復させる美容液でのケアが必要。化粧水よりも有効成分が凝縮された美容液は効果が出やすく、年齢による変化にストップをかけることができます。

遅くなったターンオーバーを美容液で促進させてメラニンを排出し、新しいメラニンを生み出さない成分を配合した美容液が理想的です。

さらに美容液を取り入れることに加え、乾燥しない紫外線カット化粧品を使うことをおすすめします。

「紫外線吸収剤」を配合した化粧品は肌の乾燥を招いてしまうため、紫外線散乱剤を使用したものを優先して選びましょう。

パッケージに「紫外線吸収剤不使用」と表示されているものがあれば、それが判断基準となります。

30代の美白化粧品の選び方

肌の変化に戸惑ってしまう30代は化粧品の選び方が難しく、それが今後の肌を決める分かれ道となります。5年後、10年後「これを使っていてよかった」と思える美白化粧品と出会うにはどうすればいいのでしょうか?

医薬部外品(薬用化粧品)を選ぶ

どんな化粧品を使っても効果がない!と諦める前に医薬部外品を使用してみてください。これは厚生労働省から一定の効果を認められた成分を含む基礎化粧品のことです。

承認を受けている代表的な美白成分はアルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、コウジ酸などがあります。このような美白成分はシミ・くすみの予防効果が認められているため、選ぶひとつの基準として覚えておきましょう。

ターンオーバー促進成分をチェックする

30代以降の肌はターンオーバーが遅くなりますが、それを正常化させる成分を取り入れることで美白効果をアップできます。

角質層にとどまっているメラニン色素を排出させるケアをすることで、美白効果を高められます。促進成分として有名なのはビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、甘草エキスなどです。

継続して買える価格かどうか考える

30代の美白化粧品選びは中身だけでなく価格帯も重要。続けられない価格の化粧品を買っても継続ができず、効果実感を得る前に使用を止めてしまうのでは意味がありません。

今あるメラニン色素を排出し肌の奥に眠っているメラニンの元を撃退するには、数ヶ月の期間が必要です。将来的にシミ・くすみを予防するならそれ以上の期間使い続ける必要もあるため、継続して買える価格かどうかよく考えて選んでください。

30代におすすめの美白化粧品口コミランキング

30代の美白化粧品の使い方

肌質や目的にぴったりな美白化粧品が見つかったら、次は効果的な使い方をチェックしていきましょう。メーカーが想定している効果をきちんと実感できるように、今までのスキンケアを思い出しながら確認してみてください。

使用順を守る

美白成分を角質の奥に届けるためには基礎化粧品の使用順を守るようにしましょう。最近は浸透力の高い先行型美容液(洗顔後すぐの肌に使用するタイプ)もありますので、パッケージに書かれている使用順を確認してください。

化粧品に含まれる水分・油分のバランスによって使用順が変わるため、正しく守って成分の浸透を妨げないようにしましょう。

量・回数を守る

これは化粧品製造のプロが「必ず守って欲しい!」と口を揃えて言うほど大切なことです。量や回数を少なくして使うと美白効果が出づらくなってしまうため、必ず守ってください。

逆に使いすぎも注意しましょう。過剰な基礎化粧品の使用は刺激のリスクや角質をふやかし過ぎる可能性があります。

1年通して使う

美白化粧品は1年中使ってこそしっかり効果を発揮します。紫外線は常に降り注いでいるので1年通して使用することを心がけてください。季節によって快適に使えるようテクスチャーや保湿力が違う美白化粧品に変えるのは構いません。

厚生労働省に認可を受けた成分を使用している美白化粧品を1年通して使い、隙のない透明美肌を維持しましょう!

今すぐシミ・くすみを取りたいなら美容皮膚科がおすすめ

シミ・くすみをすぐに取りたいのであれば、美容皮膚科での治療を受けることをおすすめします。肌の奥でメラニン色素が定着している状態だと化粧品だけでは改善が難しい場合があり、医療機関での治療が必要です。

真皮層にあるシミ・くすみは治療が必要

美白化粧品が作用するのは薬事法によって「角質層まで」と決められています。そのため角質の奥の真皮層に定着してしまったメラニン色素を今すぐ取るなら、医師による診察と治療を受けなければいけません。

シミ・くすみを美容皮膚科で治療するにはレーザーなどの光を照射して取るのが一般的です。その施術を受けると一時的に赤みが出るなど副作用が出ます。これを美容皮膚科ではダウンタイムと言いますが、この症状が出ても問題ないようなら治療を検討してみてください。

美容皮膚科に行くなら湘南美容外科がおすすめ

実際に治療を受けるとなると不安がつきまとい、どの美容皮膚科を受けるかどうか迷ってしまいます。美容皮膚科に治療に行った経験談を身近な人に聞くことは難しいので、口コミで人気のある美容皮膚科を選びましょう。

数ある美容皮膚科の中で安心なのは湘南美容外科がおすすめです。リーズナブルにレーザー治療が受けられる上、痛みが心配な女性には麻酔をしてから照射してもらえる配慮があります。

シミ・くすみを照射した後のダウンタイムに対する気遣いも高いことが人気を集めている理由のひとつです。ダウンタイム中は茶色いテープで治療を受けた部位をカバーする必要がありますが、これが難しい方向けに液体のカバー剤を販売しています。

その他シミ・くすみ治療を行った肌に適したドクターズコスメのラインナップが充実しており、トータルケアをしたい方にはありがたい美容皮膚科です。2mm以下の範囲なら1部分あたり2,430円で施術可能なので、しつこいシミ・くすみで悩んでいるのなら検討してみましょう!

まとめ

30代は肌に大きな変化がありシミ・くすみで悩む女性が急増する年代です。30代ならではの変化に合わせた美白化粧品を使用すれば、悩みを解決して透明感を引き出すことができます。

しかし有効成分を含んだ美白化粧品は予防的なケアができるものの、真皮層に沈着したメラニン色素までは撃退することはできません。もし消えないしみ・くすみを長く抱えているなら美容皮膚科での治療を検討してみましょう。