あきゅらいずの口コミ&効果!お買い得のお試しセットが評判なので体験レビュー書きました

評価
あきゅらいず 保湿力 泡立ち 成分配合量
◎ ◎ ○
使い心地 コスパ 満足度
◎ △ ◎
あきゅらいず

あきゅらいずは、肌にハリや潤いを補うことで、綺麗なすっぴん肌への効果が期待出来る美容化粧品です。

お肌はデリケートなもので、様々な悩みを抱えている人も多いと思います。元々肌が弱い人や、乾燥しやすくてトラブルになりやすい人などは、特に大変ですよね。でも、なかなか自分に合うスキンケア商品が見つからなくて、いいなと思ってもあまり効果が実感できない……ということもありますよね。

仕方なく、メイクで隠してはみるけど、肌トラブルをカバーしようと思うあまり厚いメイクをしすぎてさらに肌が荒れてしまう、なんていう悪循環になってしまうこともあるでしょう。でも、もう諦めるしかないと思っていませんか?

実際に、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

  • 乾燥肌で、入念に保湿しないとすぐに肌が荒れてしまう
  • 敏感肌で、市販の肌ケア商品だと肌に合わないことが多い
  • メイクでごまかそうと思っても肌トラブルが隠しきれない
  • 素肌を見られるのが怖くて彼の前でもすっぴんになれない
  • 毎日忙しいし、そもそも肌ケアの時間があまり取れない

素肌のケア商品はやはり、肌に優しくてしっかり保湿もできるものが一番ですよね。というわけで今回は、素肌ケア力の高いあきゅらいずについてまとめてみました。

すっぴんもきれいでいたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

あきゅらいずを楽天・amazon・公式(通販)サイトなどの価格で最安値を比較してみました!

あきゅらいずの薬局やドラッグストアでの取り扱いを調べてみました!

公式サイト 1380円~19081円
楽天
amazon 14000円
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

あきゅらいずは、基本的には通販サイトでの販売のみで、ドラッグストアや薬局などの店頭には並んでいないようです。販売が確認できたのは公式サイトと通販サイトであるAmazonのみでしたが、Amazonは通常価格から多少割引されていて、価格は14000円とされています

公式サイトでの通常購入価格は19081円ですが、トライアルで4日間使用できる初回限定お試しセットが1380円で販売しています。初めて使うものは自分に合うかわかりませんし、何かと不安になってしまうものです。その点、お得に買えるトライアルセットがあると安心ですよね。

また、2回目以降の継続の必要性はないので、その点でもさらに安心して試すことができます。

あきゅらいずはこんな女性におすすめ

  • 肌に優しい素肌ケア商品を試したいと思っている女性
  • 自分の肌に合うケア商品がなかなか見つからない女性
  • 加齢とともに肌トラブルなどの悩みが増えてきた女性
  • 肌の悩みが原因で人前に出るのが憂鬱になってきた女性
  • メイクで隠すのではなく、すっぴんからきれいでいたいと願う女性
  • 育児中でなかなか自分の時間が取れず、きちんとした肌ケアができていない女性
  • いつまでも若々しく見られたいと望んでいる女性
  • 彼氏になかなかすっぴんを見せられない女性

あきゅらいずで「すっぴん美肌」の働きが期待できる理由

肌ケアに重要な「ミスギ改善」が期待できる

洗顔時に顔を洗いすぎてはいませんか?本来肌にはある程度の皮脂は必要で、皮脂をしっかり落としすぎてしまうと、脳は皮脂不足に危険を感じて過剰に皮脂の分泌を指令するので、オイリー肌になってしまう危険性があるのです。

また、洗顔後の保湿剤の「つけすぎ」も気をつけましょう。肌の乾燥を防ぐために保湿は重要なことですが、保湿クリームなどを塗りすぎると肌の水分と油分のバランスが崩れ、ニキビなどの肌トラブルを招くことにもなってしまいかねないのです。

そして、肌トラブルと隠そうとファンデーションを塗りすぎるのも危険です。ファンデーションの主成分である「油分」は、厚塗りすると時間の経過とともに「酸化」してしまいます。結果的にニキビや肌が荒れるなどのトラブルにつながってしまうので、注意しましょう。

これらの「3つのやりすぎ」つまり「ミスギ」を改善するだけでも、肌の負担を減らすことができるので心がけていきましょう。

「泡石」で余分な皮脂を除去

あきゅらいずの「泡石」は、顔の余分な皮脂を除去してくれるアイテムです。石鹸ですので、洗顔フォームほどの洗浄力はなく、皮脂を落としすぎる、ということはありません。

また、東洋ハーブエキスである「草根木皮たまり」を配合することによって、しっかりお肌の汚れを除去してくれます。さらに、潤い成分もあり肌の角質層まで届くので、洗顔後も肌につっぱったりして乾燥しやすくなる、ということもないでしょう。

泡石というだけあって、石鹸ながらその泡立ちもいいので、手軽に気持ち良くスキンケアをすることができます。洗い上がりさっぱりの使い心地は、クセになること間違いなしです。

「優すくらぶ」で肌のキメを整える

泡石で洗顔した後は優すくらぶできめ細かい肌を作るためのケアをしましょう。洗顔後に濡れた肌に伸ばして洗い流せば、やわらかなもっちり肌への変化が期待できます。

「すくらぶ」という名称ですが、研磨剤を含んで角質を取るための「ピーリング剤」というわけではありません。これは実はパックで、肌に乗せることで荒れて硬くなりがちな肌をしっかりほぐし、柔らかくしてくれるものなのです。優すくらぶで肌をケアすると、肌の代謝も助けてくれるので、肌サイクルも正常になり、健康な素肌へと導いてくれます。

「秀くりーむ」でしっかり保湿

あきゅらいずの肌ケアで最後に使うのが「秀くりーむ」です。これは保湿力の高いクリームで、洗い上がりの肌に潤いをプラスしてくれます。

こちらにも「草根木皮たまり」の成分が配合されていて、健康的な肌に必要不可欠とされるセラミドやコラーゲンなどの保湿成分をしっかり補ってくれるのです。

クリームではありますが使い心地がよくべたつかないので、スッキリした肌に仕上げることができます。

あきゅらいず&ライスフォースを徹底比較!!

項目 あきゅらいず ライスフォース
保湿力 ★★★★★5 ★★★★4
泡立ち ★★★★★5 ★★★★★3
成分配合量 ★★★★4 ★★★★★2
使い心地 ★★★★★5 ★★★★★3
コスパ ★★★★★3 ★★★★4
満足度 ★★★★★5 ★★★★4
価格 1380円(継続必要なし) 1400円(継続必要なし)

美容化粧品と言ってもいろいろなものがあるし、どこも肌にいいというばかりで、正直どれを選んだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ライスフォースとあきゅらいずはどちらも、素肌をケアしてすっぴんをきれいに保つための美容絵商品となっています。加齢による肌の悩みも改善してくれる効果が期待できるので、多くの女性の支持を得ているのです。

ライスフォースは、その名の通り、ライスパワーエキスを主成分として使用しています。化学成分を使わずに長時間お米を発酵させて作った100%お米エキスの製品です。お米に含まれる美肌成分や保湿成分を生かし、肌に優しいすっぴんケア商品とされています。

あきゅらいずは、開発元の代表が自ら単身で中国に渡って研究し、日本人の肌に最適なハーブを調合して研究機関とともに共同で開発した「草根木皮エキス」というものを主成分として使用しています。ハーブエキスのうち、中国の研究所と日本の分析センターの厳しいチェックを通過したもののみが草根木皮エキスとして製品に配合されているので、安心して使用することができるのです。

両手いっぱいのハーブからわずかスプーン1杯分ほどしか抽出できないこのエキスには、ハーブの持つ美容成分はぎゅっと凝縮されているのです。

ライスフォースとあきゅらいずはどちらもお試しセットを取り扱っていて、初回はお得に試すことができます。ライスフォースのお試しが1400円なのに対し、ライスフォースは1380円と少し安いです。

あきゅらいずは通常のきほんのセレクトというセットが1か月分10681円ですが、泡石3か月分と優すくらぶ2か月分、秀くりーむ2か月分のセットで16774円となるので、まとめ買いで買うとさらにお得になります。

手軽なケアなので育児中の人にもおすすめ

毎日、家事や仕事で忙しい毎日を送っている女性も多いことでしょう。年を重ねるごとに入念なスキンケアが大切だとはわかっているけれど、なかなか自分のための時間が取れない、という人もいると思います。育児中の働くママなどは、家にいる時も子供にかかりっきりで、自身のスキンケアなんてしている暇がないという人も多いのが現状です。

ですのでそういうがんばる女性のためには、手軽にできるスキンケアアイテムが必要なのです。あきゅらいずの製品なら、手軽ににお肌のケアができるので、忙しいママのためにもおすすめできます。回数も、1日に1、2回でいいので、さほど時間もとらずに肌ケアができます。

楽しくケアするために、時にはお子さんと一緒にスキンケアをしてもいいでしょう。あきゅらいずなら、ハーブ由来の肌に優しい成分をたっぷり使っているので、お子さんと一緒に使っても安心できます。

ただし、注意すべきこともあるので、しっかり確認してから使うようにしましょう。例えば「優すくらぶ」には、ハーブの一種「ゼラニウム」の成分が含まれていますが、これは月経を促したりホルモンバランスを整えたりする作用があるので、妊娠中の人は控えるようにした方がいいでしょう。

東洋ハーブ「草根木皮たまり」配合

肌に使う美容化粧品は、なるべくいい成分を使っているものが望ましいですよね。そんな時も自然由来の成分なら、肌にとっても安心して使うことができます。

あきゅらいずの主成分として使用されているのは、「草根木皮たまり」と呼ばれる成分です。これは、厳選した10種類のハーブから抽出した成分で、ハーブの栄養素がしっかり凝縮されている成分でもあります。

あきゅらいずの代表者が自ら中国に単身で渡り研究を重ね、医療機関との共同開発によってハーブエキスを選び、抽出したものがこの草根木皮たまりなのです。徹底的に肌にいいものにこだわっているので、抽出するときに薬剤などは使用せず、水抽出法という方法で 手間をかけて抽出したと言われています。

エキスを抽出した後は、中国の研究所と日本の分析センターによる厳しいチェックにかけ、通過したものだけを草根木皮たまりとして使用しています。ですので、より安全して使える製品となっているのです。

草根木皮たまりは、両手たっぷりのハーブを使って、たったスプーン1杯分ほどしか抽出できません。それだけに、採取したエキスには多数のハーブの栄養分がぎゅっと凝縮されているというわけなのです。この濃縮エキスが肌の角質層までしっかりと浸透し、肌が本来持っている潤いを保ちながら、さらに肌のキメも整えていってくれます。

すっぴんでも自信を持って出かけられる

肌というのはダメージを受けるとどんどんトラブルが生まれてきてしまいますし、荒れた素肌だとそれだけで印象が悪く見えてしまうのです。一度肌が荒れてしまうとなかなか改善できないなどの、悩みを抱える人は非常にたくさんいます。そんなことはなるべく避けたいですし、女性なら誰だって肌をきれいに保ちたいですよね。

あきゅらいずの製品は、素肌をしっかりときれいにして、すっぴんに自信を持てるようにするためにあります。ハーブ由来の保湿成分をしっかりと肌の角質層まで届けてくれるので、ファンデーションを使わなくても毛穴を目立たなくしてくれる働きがあります。

また、素肌を柔らかくしてくれる効果も期待できるので、カサカサで硬い肌の人も、使えばふっくらと柔らかい手肌になる作用が見込めるのです。

利用した人のレビューを見てみると年齢肌が気になって使い始める人も多いようですが、中にはファンデーションを使わなくても自信を持って外を歩くことができるようになったという人や、すっぴんでの生活を楽しめるようになったという人が多く見受けられます。素肌に自信を持ちたい、と思っている人は、ぜひ試してみるといいでしょう。

あきゅらいずの使い方

あきゅらいずはハーブ由来の力で肌に潤いをプラスしたり、柔らかくしてキメを整えてくれる美容化粧品ですが、使い方を誤るときちんとその効果を得ることができなくなってしまうこともあるので、注意して使うようにしましましょう。ここでは、各アイテムの使い方を紹介します。

泡石でお肌をしっかり洗浄

深緑色のまん丸の「泡石」は、スキンケアのファーストステップとして、お肌をしっかりと洗浄するために使います。

クレンジングとしても使用できますが、泡石だけで十分なのはパウダーファンデーションやウォータープルーフでないメイクなど、軽めのメイクの場合のみです。もしもウォータープルーフタイプのコスメやリキッドファンデーションなどを使った場合は、通常のクレンジング剤である程度メイクを落としてから泡石を使いましょう。

メイク落としとしての使い方はまず、顔を濡らしてから33℃くらいのぬるま湯に泡石をつけて濡らすことからスタートです。そのあと、泡石を直接肌に両ほほ→額→鼻→鼻の下→顎の順でくるくると塗っていきましょう。小鼻付近などの細かい場所には泡石を立てて使ってください。

そのあとは指でファンデーションと泡石をなじませ、最後に33℃程度のぬるま湯で洗い、しっかり泡石を泡立てて顔を洗いましょう。

洗顔の場合は、様々な肌質の人がいると思うので、自分の肌の状態に合わせて洗ってください。

例えばオイリー肌の人はよく泡立てた泡石の泡を顔に乗せて1~2分おき、洗い流す朝晩二回の泡立てパックがおすすめです。また、軽度のオイリー肌の人は朝晩2回の泡立て洗顔と、朝「泡石」と顔をぬるま湯でぬらし、泡石を直接Tゾーンに当ててくるくる軽くすべらせてから、泡立てて洗顔するくるくる洗顔を試してみましょう。

軽度の乾燥肌の人は、朝晩とも泡石を軽く泡立てる泡立て洗顔を朝晩2回がおすすめです。そして乾燥肌の人は、朝はぬるま湯ですすぐだけ、夜はきめ細かく泡石を泡立てて洗顔をするようにしましょう。

優すくらぶを顔全体に伸ばして洗い流す

肌をしっかり洗ったら、今度は硬くなった肌を柔らかくほぐすための優すくらぶの出番です。

こちらも泡石同様33℃のぬるま湯で顔を濡らし、優すくらぶを中指の関節の1.5個分ほどの長さを出します。そのまますくらぶを両ほほと顎、鼻と顎の5か所に乗せてください。

中指と薬指の腹を使って、優しく「の」の字を描くように顔全体に伸ばしていきます。十分に伸ばしたらそのまま30秒ほど置いて、両手で額と顎、そして両ほほを包み込みます。

最後に再度33℃のぬるま湯ですくらぶを洗い流し、十分すすいだら冷水に切り替えて5回ほど流して肌を引き締めましょう。タオルを優しくぎゅっと肌に押し当てて、水分を拭き取ったら完了です。

秀くりーむを顔全体に優しく伸ばす

スキンケアの仕上げは、秀くりーむによる保湿です。まず、中指の指先にくりーむを5プッシュし、そのまま優すくらぶ同様両ほほと額、鼻と顎の5か所に乗せます。

中指と薬指の腹を使って、強くこすらないように優しく顔全体にくりーむを伸ばし、最後に両手で額と顎、両ほほを包み込んでしっかりくりーむを浸透させればOKです。

あきゅらいずに使われているおすすめの成分について

あきゅらいずは、ハーブ由来の「草根木皮たまり」という濃縮エキスを配合することによって、肌にしっかり届いて作用し、肌にも優しいことからどんな肌質の人も使用できるすっぴん肌ケア化粧品です。

では実際、主成分である草根木皮たまりにはどのような成分が含まれているのでしょうか。ここでは、草根木皮たまりに含まれる東洋ハーブとその働きを紹介します。

金銀花(きんぎんか)

スイカズラとも呼ばれる植物で、漢方薬としてよく使用されます。摂取することによる健康作用としては解熱や胃潰瘍の予防などがあります。皮膚を美しくしてくれる作用があるとして、入浴剤として使用されることもあるようです。

紅花(べにばな)

サフラワーとも呼ばれ、昔から血行不良や冷えなどの症状改善に役立てられてきた植物です。羽生ティーとして主に使われ、抗酸化作用や肌荒れ抑制予防の働き、便通の改善など、じょせいの悩みに特化した働きがあるとされています。

玄参(げんじん)

漢方薬として親しまれているゴマノハグサという植物の根を乾燥させたものです。不眠症や便秘、鼻血の改善などに役立てられることが多いと言われています。消炎作用や抗菌作用があるので肌荒れに効果的に働き、保湿作用もあるので美容にも一役買ってくれることでしょう。

絞股藍(こうくらんちゃ)

お茶にしてプーアル茶として広く世界で飲まれているのが絞股藍というものです。ニキビや吹き出物などの肌荒れを予防してくれる働きがあるので、敏感肌などの肌トラブルの起こりやすい人などには特におすすめの成分です。

黄蓮(オウレン)

常緑多年草の一種で、薬用の植物として育てられることが多いとされています。黄蓮から抽出した黄蓮エキスは、主に痩身作用や肌のたるみ改善や引き締め作用、ハリ増加作用があるとして、ダイエット用化粧品などに含まれることがあります。

紫草(ムラサキ)

消炎作用や殺菌作用が高く、中国では、がんの治療薬として使用されている植物です。また、美容の面でも効果的に働き、シミやくすみを薄くしてくれる効果が期待できるとされています。また、美容の敵である日焼けを防ぐ作用もあるようです。

丹参(たんじん)

漢方のひとつとして使用される植物で、血行を改善してくれる働きがあります。また、血栓を溶かす作用があるため、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役に立つようです。また、美容への作用としては、肌への抗炎症作用や抗菌作用などが期待できます。

黄精(おうせい)

ナルコユリという植物の根茎を乾燥させたもので、体にいい生薬のひとつに数えられ、滋養強壮などの働きがあります。疲れやすい人の活力剤としても効果的ですし、免疫力も高めてくれるので、非常に体にいい漢方と言えるでしょう。

蛇床子(じゃしょうし)

オカゼリという植物の熟した果実を乾燥させることによって作られる生薬のことです。解熱作用や保温作用、また抗菌・抗ウイルス作用もあるので、インフルエンザの予防や、湿疹などに塗ることでかゆみなどを鎮める働きもあります。

御種人参(オタネニンジン)

朝鮮人参や高麗人参と呼ばれ、古くから民間療法で使われてきた植物です。御種人参に含まれる「サポニン」という成分には、肌への皮膚への抗炎症作用があり、またシワ防止にも効果的とされているので、素肌ケア商品などにしばしば配合されています。