BG(ブチレングリコール)配合化粧品の成分効果と安全性

BGは化粧品によく配合されている成分の一つです。保湿力があり、ベタつかない、さらに安全性も高い!実は抗菌作用も!
よく見る成分だけど意外とその実力は知られていない?BGの効果をしっかりと説明したいと思います。

BG(ブチレングリコール)とは

安全性が高く多くの化粧品や医薬部外品に配合されているBGってどんな成分なの?

BGは多価アルコールの仲間

化粧品の全成分表示を確認してみると、「BG」という表記は非常によく見かけると思います。BGとは、ブチレングリコールのことで、多価アルコールの仲間です。
アルコールという言葉を聞くと、「エタノールの仲間?」と思われるかもしれません。確かに広い意味で言えばエタノールと同じ仲間ではありますが、配合目的や効果は全く違います。アルコールが入ってる化粧品が苦手な人でも安心して使える成分です。

BGの由来は石油由来?

BGの由来は石油由来ものと植物由来のもの、両方流通しています。石油由来の原料はお肌に悪影響を与えるとよく言われていて、世の中には「石油系原料不使用」とパッケージに書かれている商品も多いです。
安価な化粧品に入っているBGは殆どが石油由来です。ですが、成分にこだわった会社が作っている化粧品には植物由来のものが使われています。
全成分表示を見ただけでは石油由来かどか見分けがつかないので、ホームページやお客様相談室などに問い合わせると答えてくれるメーカーがほとんどです。問い合わせてみましょう。

BG(ブチレングリコール)配合化粧品の成分効果と役割

BGの主な役割は保湿!ベタつかないのにしっかり保湿できる成分として知られています。

BGの主な役割とは?

BGの主な役割は肌に潤いを与える保湿です。似た役割をする保湿剤は他にもグリセリンやDPG、ソルビトールなどの糖類が化粧品ではよく用いられています。化粧品は様々な保湿剤の配合量や組み合わせを変えることで使用感の違いを出しているのです。

BGを配合するメリット

BGは保湿剤の中でもベタつきやきしみがとても少なく使用感が良い成分です。さらっとしたテクスチャーですが、潤いはしっかりと与えてくれる、とても頼もしい存在です。

意外と知られていない?抗菌作用

BGには保湿の他にも、抗菌作用があります。化粧品は、品質を保つために防腐剤と呼ばれるパラベンやフェノキシエタノールなどが配合されています。しかし、防腐剤は肌へ刺激が心配な成分でもあります。
BGは肌に優しいのに、抗菌作用もあるので、少量の防腐剤とBGを配合するだけで、化粧品に十分な防腐効果を持たせることができます。
BGを配合するだけで、保湿もできて防腐剤も減らせる、ありがたい成分です。なので、自然派化粧品や無添加の化粧品には特によく配合されている成分です。

BG(ブチレングリコール)配合化粧品の安全性は?

BGは安全性の高い成分!自然派化粧品への配合実績多数あり!

BGの安全性はお墨付き!

BGは多価アルコールの中でも特に安全性が高いと様々な文献に記載されています。抗菌作用がある成分はよく「肌の刺激になりやすい」なんて言われますが、毒性が低く安全性が高いことはしっかり証明されているので安心して使って大丈夫です。

同じBGでも石油由来だと危険?

石油由来の原料は、皮膚の呼吸を妨げることで肌荒れの原因に繋がると言われています。確かに、一昔前の化粧品だったらあり得ることですが、今流通しているBGはほとんど安全だと考えて大丈夫です。
ただ、石油由来と植物由来のBGを比較すると、植物由来の方が高価格です。だから殆どの企業はコストのかからない石油由来のBGを使っているのです。お客様のことより自社の利益なのです…石油由来の安全性が高くても、お客様にとってやっぱりリスクは避けたいもの。お客様の肌のことを考えているからこそ、自然派化粧品には植物由来のBGが用いられることが多いです。石油由来は悪!という訳ではないですが、少しでもお肌に優しいものを使いたいですよね。

BG(ブチレングリコール)配合化粧品

透輝の滴

透輝の滴
透輝の滴は、お客様のことを考えた美容液です。
全成分の由来をホームページでしっかり開示しているところからも、嘘偽りない商品開発をしていることが分かります。
また、冷蔵庫の保管を推奨したり、ガス透過率の低いガラス容器を用いたりと、高価な成分がたくさん配合されていることが分かります。
お肌の弱い人でも安心して使えるように合成香料や石油系界面活性剤フリーなどもお肌に優しいポイントですね。

詳細を見る