ビーグレン ホワイトケアトライアルセットの口コミ・効果・体験レビュー!シミ・くすみが気になっている人や美白を目指している人に評判

評価
ビーグレン ホワイトケアトライアルセット シミへの働きかけ その他の肌への満足度 成分配合量
◎ ◎ ◎
使い心地 コスパ 満足度
○ ○ ◎
ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

\365日返金保証付き!今だけ76%OFF!/

ビーグレンホワイトケアはこれまで美白化粧品に満足できたことがない方のために開発された、美白成分であるハイドロキノンの美白基礎化粧品です。

美白化粧品はもともと、「メラニンの生成を抑えてシミを予防する」というもの。できてしまったシミへの働きかけを期待するのは間違いなのです。

でも、このビーグレンホワイトケアならできてしまったシミも薄くする効果が期待できるハイドロキノンが使われています。しかも、ただハイドロキノンが使われているだけではありません。

  • 浸透力が悪くてシミのもとまで届きにくかったり…
  • 効果を発揮できるほど高濃度に配合すると肌への刺激になったり…
  • 酸化しやすいので、化粧品としての安定感が悪かったり…

こんなハイドロキノン配合の美白化粧品のデメリットをビーグレン独自の浸透テクノロジーでしっかりカバーしている、というのが大きな特徴。

おかげで、角質層にある悩みのもとまで成分を届けられ、他の美白化粧品ではなかなかできなかった満足感が期待できるスキンケアとして知られています。そのリピート率は98.5%。実力派の基礎化粧品です。

ここでは、実際のところはどうなんだろう?本当に信頼できる?とお悩みの方へ向けて、ハイドロキノンの独自の仕組みや口コミ、メリットなどをまとめます。ビーグレンのホワイトケアが気になっている方の参考になったら嬉しいです。

ビーグレン 目元ケアトライアルセットの口コミ&効果!目元のたるみもシワもケアできる貴重な美容液

2017.01.24

ビーグレン ニキビケアセットの口コミ&効果!ニキビ肌・ニキビ跡が改善できなかった人が進める大人ニキビケア

2017.01.14

ビーグレン 毛穴トライアルセットの口コミ&効果!キュッとした毛穴を手に入れたい女性に評判

2017.01.14

ビーグレン エイジングケアセットの口コミ&効果!シワ・たるみが気になり、効果の高いエイジングケアを始めたい女性に評判

2017.01.14

ビーグレンホワイトケアの最安値を楽天・amazon・公式(通販)サイトなどで最安値を比較してみました!

公式サイト 1,800円(回数制限なし)
楽天
amazon
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

ビーグレンホワイトケアは、楽天やアマゾン、ドラッグストアなどでは購入することができません。公式サイトでのみの販売になっています。

そのかわり、公式サイトから購入すると7日分のトライアルセットが71%OFFの1,800円ととてもお得。365日の返金保証もついてきます。もちろん、商品容器があれば使用済みでも問題ありません。

トライアルセットに入っているのは、この5種類。

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

パウチなどではなく、ちゃんとミニボトルに入った状態で使用できるので、思った以上にしっかり試すことができます。もちろん、使い心地を確かめるだけでなく、肌の反応を確かめることも可能。

ビーグレンの代名詞とも言える、Cセラムも試してみることが可能です。もちろん、送料や代引き手数料も無料です。気楽でお得に試してみるなら公式サイトからが良いでしょう。

ビーグレンホワイトケアはこんな女性におすすめ

  • 最近どんどんシミが目立ってきた気がする
  • 今まで基礎化粧品で満足できたことがない!
  • 肌がくすんでいる。顔色が悪いのが気になっている
  • いつも疲れているように見えるのが嫌だ
  • これ以上シミを増やさないでおきたい!
  • シミ対策はもう間に合わないかも…と諦めかけている

ビーグレンホワイトケアでシミや色素沈着への働きが期待できる理由

ビーグレンホワイトケアがシミや色素沈着を薄くすることが期待できると言われるのにはもちろん、理由があります。

その理由はズバリ、ハイドロキノン+ビーグレンの独自技術です。

そもそも使っているハイドロキノンが高い美白効果が期待できるというだけでなく、ビーグレン基礎化粧品の特徴でもある「浸透力の高さ」がしっかり生かされています。

だからこそ、シミやそばかすを予防するだけではない使いやすい美白基礎化粧品になっているのです。

そもそも、ハイドロキノンの美白効果がすごい!

ハイドロキノンにはもともと、こんな機能が備わっています。

  • メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐこと
  • メラニンに直接アプローチしてシミを分解していく

ハイドロキノンが特にすごいのが、シミの原因であるメラニンに直接アプローチができること。このおかげで、シミを薄くすることが本当に可能とされています。まるで肌の漂白剤のように働くことができます。

美白といえば、ビタミンCやプラセンタが活用されることが多いですが、この2つにはシミを分解する機能はありません。ハイドロキノンだからこそできることなのです。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーがすごい!

ハイドロキノンは美白への効果がとても高い成分ですが、効果が高い分デメリットもあります。漂白剤のように働く成分だからこそ、肌への刺激が比較的強いのです。しかも、酸化しやすく分子が大きくて肌への浸透が悪いという問題もあります。

そのデメリットをカバーしているのが、ビーグレン独自のテクノロジー、QuSome(キューソーム)です。

これまでもビーグレンは浸透力にこだわった基礎化粧品を数多く作ってきました。このビーグレンホワイトケアでもこの技術が応用されています。

ハイドロキノンを皮脂に近い極小カプセルで包み込み、髪の毛の1000分の1の大きさまで小さくすることに成功。おかげで、肌馴染みが悪かったハイドロキノンでも、肌に弾かれることなく浸透できるようになりました。

もちろん、カプセルに入っているので酸化も防げるし肌への刺激も軽減できています。肌の表面に長時間とどまり、この成分の効果をしっかり持続させることも可能にしています。

確実に明るくできる5ステップがすごい!

このQuSomeを活用したスキンケアの効果を最大限生かすため、スキンケアのステップもしっかり考えられています。

  • 不要な角質を吸着するモンモリロナイトを使用したクレイウォッシュ
  • 肌をうるおいで満たして美容液やクリームの効果を引き出すQuSomeローション
  • 古い角質やメラニンを追い出すピーリング作用も期待できるCセラム
  • ハイドロキノンを直接届けるQuSomeホワイトクリーム1.9
  • 肌の土台をしっかり整えるQuSomeモイスチャーリッチクリーム

それぞれQuSomeの技術がうまく生かされていて、肌に必要な成分が高濃度で配合されています。この5ステップを丁寧に行なっていくことが満足度を高める1番のポイント。

念入りなケアが行えるので、美白だけでなくそれ以外の悩みもカバーしていけるスキンケアを行うことが可能です。

ビーグレンホワイトケア&米肌美人ライスフォースを徹底比較!!

項目 ビーグレンホワイトケア 米肌美人ライスフォース
シミへの働きかけ ★★★★★5 ★★★★★3
その他の肌への満足度 ★★★★★5 ★★★★4
成分配合量 ★★★★★5 ★★★★★3
使い心地 ★★★★4 ★★★★4
コスパ ★★★★4 ★★★★★3
満足度 ★★★★★5 ★★★★★3
価格 1,800円(7日分のトライアルセット) 1,400円(10日分のトライアルセット)

美白化粧品として有名なスキンケアのひとつにライスフォースがあります。多くのモデルさんも使っていて、乾燥肌と一緒に美白にも働きかけができるとして、口コミでも評価の高い基礎化粧品です。

お米から抽出したライスパワーエキスがしっかり配合されていて、低刺激で高い保湿力、肌の質を高める効果が期待できるとのこと。専用のホワイトニンングエッセンスという美容液も用意されています。

ビーグレンのホワイトニングは、美白効果の高さにこだわって作られている美白化粧品。ハイドロキノンを独自の技術で浸透力を高めているので、効率良くハイドロキノンを補給していくことが可能です。

さらに5ステップのスキンケアにはそれぞれ保湿効果や肌へハリを与える成分も高濃度で配合。美白だけでなく年齢肌対策や肌のたるみや乾燥にも対策していくことができるようになっています。

お米という身近な成分で保湿もできて美白もできて…というのは確かに魅力です。でも、ハイドロキノンのような本当に美白効果が期待できる成分が配合されているわけではありません。期待できるのは肌の代謝を促すことで肌の細胞を入れ替えやすくしている作用です。

肌への優しさ重視ならライスフォースでも良いのかもしれません。でも、年齢を重ねた肌のケアやちゃんとした満足度を期待しながら使うのであれば、ビーグレンの方がきちんと効果が期待できる成分が効率良く補給できるのは確かです。

ビーグレンはあまり身近な成分は配合されていませんが、しっかり研究されて作られた浸透力の高さが魅力の基礎化粧品です。ちゃんと肌を改善していくなら、身近さよりも実力で選んだ方が良いはずです。

そもそも、シミはどうやってできるもの?

30代後半や40代にかけて、ある日突然ブワッと増えるシミ。突然出てくるのでショックが大きいものです。

でもこれはもともと自分の生活習慣によって蓄積されたダメージが表面に出てきただけのもの。ある日突然出てきたのではなく、ダメージが限界を突破してコップから水があふれるように肌の表面に出てきてしまった結果です。

シミの原因になっているのは、活性酸素です。

  • ニキビや肌荒れ、ゴシゴシこすった摩擦によるダメージ
  • 紫外線による肌へのダメージ
  • ストレスによって肌の代謝が悪くなったことによるダメージ
  • 肌が乾燥してダメージ機能が崩れることによるダメージ
  • タバコやバランスの悪い食生活、睡眠不足によるダメージ

パッと見ても肌には関係なさそうなことでも、肌の奥では活性酸素が生まれ、肌にダメージとして着実に蓄積されていきます。

活性酸素が生まれると今度は、このダメージを撃退しようとメラノサイトというシミの元がたくさん分泌されます。このメラノサイトがそのまま黒く定着してしまうとシミとして肌に出てきてしまうのです。

健康な肌の場合、メラノサイトが大量に分泌されてもある程度は時間とともに肌のターンオーバーによって肌の外へ排出されます。でも、肌へのダメージが限度を超えていたり肌の代謝が悪くなっていたりするとより残りやすくなる仕組みになっています。

できてしまったシミはもう治らない?

シミは色素沈着です。活発に肌の代謝が行われる肌なら徐々に薄くしていくことは可能ですが、そうでない場合、本気で対策を考えないとシミを薄くすることはできません。

この時にとても頼れるのが、ハイドロキノンなどの肌を漂白する作用のある成分です。ただ、この漂白型の美白成分は2017年1月現在、たった3つしかありません。

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • トレチノイン

しかも、市販の基礎化粧品に配合することが許可されているのはハイドロキノンのみです。この他の成分は皮膚科で処方してもらう必要があります。

この方法以外にシミを消すには、もう病院に頼るしかありません。レーザーで焼いたり丁寧にピーリングしてもらったりする方法くらいです。毎日のスキンケアだけではできてしまったシミを消すのは実はとても難しいことなのです。

美白化粧品の満足度があまり高くない理由は?

美白化粧品はたくさん販売されているものです。でも、その多くはハイドロキノンのように肌を漂白してくれる作用はありません。

  • 抗酸化作用を高めて、肌に生まれた活性酸素を無効化する
  • 肌のターンオーバーを正常化してメラノサイトを追い出しやすくする
  • 肌の細胞の入れ替わりを促して、できてしまったシミを押し出すサポートをする
  • メラニンの生成を抑えて、新しくシミやソバカスをできにくくする

このような働きをサポートして、本当に少しずつシミやそばかすを薄くできるようにしていく、というだけのものがほとんどです。

これではもちろん、即効性は期待できません。目に見えて効果があらわれるかどうかもわかりません。

確かに、10〜20代の代謝が活発な肌であればこのようなサポートでも美白効果は期待できるかもしれません。でも、30代以降は加齢によって代謝はどんどん悪くなっていきます。しかも、肌はバランスを崩しやすくトラブルも増えていく時期です。

そんな時にそんな微力な美白化粧品を使っても、ただでさえほんのわずかな美白効果なのに、肌トラブルによってもっとわかりにくくなってしまうのです。

これではもちろん、満足できる美白化粧品に出会うことはできません。本気で肌のシミやソバカスを薄くするための美白効果を得るには、ハイドロキノンが効率良く補給できる美白化粧品を選ぶしかないのです。

ビーグレンホワイトケアの使い方

ビーグレンホワイトケアは、高い技術力で効果を最大限に高めた基礎化粧品です。5ステップと数は多いですが、丁寧にスキンケアを行なっていくことでしっかり満足感が得られるはずです。

それぞれのケアを確実に1歩ずつ行なっていくのが大切。面倒でもお肌のためにしっかり継続していきましょう!

クレイウォッシュで丁寧に洗顔

毛穴の汚れを吸着して落とすモンモリロナイトが配合されたクレイウォッシュ。使う時に泡立てる必要はありません。さくらんぼ大を手にとって顔全体をやさしくマッサージするように使います。

QuSomeローションで丁寧に水分補給

直径3cmくらいを手のひらにとり、両手で顔全体をつつんでやさしく押さえるようにつけていきます。目元や口元、鼻まわりなども、指を使ってやさしくなじませていきましょう。

トラブルから肌を守るCセラムでビタミン補給

こちらもQuSomeの技術を活用して高濃度にビタミンCを配合した美容液であるCセラム。2cm程度を手にとって両手で顔全体に広げていきます。日中使うなら日焼け止め必須。乾燥肌や敏感肌の方は様子を見ながら使っていきましょう。

QuSomeホワイトクリーム1.9で本格美容

ハイドロキノンをしっかり配合した美白クリーム。使用するのは、1〜2プッシュです。額とアゴ、両ほほ、鼻の5つの場所に置いて、顔の内側から外側へ少しずつ伸ばしていきます。最後に手で顔全体を包んで優しく押さえればOKです。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

高い保湿力でエイジングケアもできるという濃密クリームなので、ケチらず使うのが大切。パール1〜2粒大のクリームを手に取り、額と両ほほ、鼻とアゴに置きます。その後、内側から外側へそっと伸ばしてなじませていけばOKです。

ビーグレンホワイトケアに使われている効果的な成分について

ハイドロキノン

美白効果を一挙にサポートしている成分。もともとは写真の現像などに使われる薬品でしたが、美白作用に注目され、皮膚科でもシミの治療に採用されるようになりました。できてしまったシミも薄くする肌の漂白作用が特徴です。(QuSomeホワイトクリーム1.9に配合)

ビタミンC(アスコルビン酸)

肌トラブルへ即効性がある成分として知られるピュアビタミンC。若々しい肌やハリのある肌、トラブルのない肌を目指せるだけでなく、ニキビや毛穴を抑え込む効果も期待できます。

酸化しやすく壊れやすい成分ですが、ビーグレン独自のQuSome技術がその効果を高めています。(QuSomeローション、Cセラムなどに配合)

アッケシソウエキス

ミネラルと保湿成分が豊富で、肌のバリア機能の正常化を助けます。また、肌がコラーゲンを生み出す働きをサポートする働きがあることも最近わかってきました。しわやたるみ対策にも良い成分です。(QuSomeローションに配合)

EDP3

もともと人の体に存在している細胞の入れ替わりを促進する成分であるEGFにとてもよく似た成分です。肌の代謝を活性化しながら、肌に弾力を与えていきます。(QuSomeローションに配合)

ポリアミン

赤ちゃん肌がプリプリになっている要因とも言われる成分。肌に弾力を与えてくれます。細胞を持つ生物になら存在する成分で、大豆発酵食品にたくさん含まれています。細胞の生まれ変わりに欠かせません。(QuSomeモイスチャーリッチクリームに配合)

アップレビティ

肌のハリを支えているコラーゲンとエラスチンの生成をサポートしています。肌の基底膜に働きかけを行う成分と考えられています。肌の細胞が分化したり増殖したりといったターンオーバーの正常化もサポートしています。(QuSomeモイスチャーリッチクリームに配合)

アクアエクストリーム

ルバーブの根から抽出されるエキス。漢方薬として活用されることもあります。スキンケアでは、老化防止、コラーゲン生成のサポートなどハリとツヤのある肌を作るのに欠かせない成分です。肌の細胞の活性化をサポートします。(QuSomeモイスチャーリッチクリームに配合)

ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

\365日返金保証付き!今だけ76%OFF!/