バッカルファット除去手術とは?若返りと小顔効果が一度に叶う

バッカルファットとは頬上部分にある脂肪の塊です。

その脂肪の塊を除去する手術が『バッカルファット除去手術』です。

下記の悩みを解消する効果があり、特にアンチエイジング目的の女性が多いです。

  • 全体的に小顔になりたい
  • 頬のたるみをなくしたい
  • 加齢によるブルドック顔をなんとかしたい
  • ほうれい線を改善いたい
  • 頬のぽっちゃりしていて太って見える
  • 人に気づかれないで若返りたい

バッカルファット除去の特徴

年をとるにつれて頬がたるんでくる原因が、頬の「バッカルファット」です。

太っているや痩せているにあまり関係なく。

大体みんな卵の黄身位はあるといわれています。

この「バッカルファット」は年齢を重ねるにつれて下垂してしまう為、たるみとなり老けて見える原因となります。

上記のことから年齢を重ねた女性に人気の手術ですが、近年では老化防止・将来のたるみ予防のために、若いうちから手術をし除去してしまうケースも増えています。

しかし、卵の黄身位しかない脂肪を、切除してしまっても体に害がないのか?といいますと答えは「YES」です。

理由としましては、バッカルファットは皮下脂肪ではなく、栄養素を備蓄する機能がない事が大きな理由といえます。

このバッカルファットは赤ちゃんの時に、お母さんのお乳をのむ為に必要とされていた皮下脂肪です。

成長し、離乳してからは不必要となるものです。

しかし年齢を重ねても消える脂肪ではなく体内に残ってしまうのです。

その不必要になったバッカルファットは、加齢とともに筋力の低下等で重力に負け、垂れ下がってしまいます

これがぽっちゃり顔やほうれい線などの原因となってしまうのです。

ですので、このバッカルファット除去は体内で不必要となった脂肪です。これを適度に除去することいよって小顔効果を得ることができます。

またバッカルファット除去がどうして人気があるのかといいますと、脂肪吸引よりもダウンタイムが圧倒的に少なくエステのように複数行うことなく1度で目に見える効果が期待できることです。

バッカルファット除去手術の流れ

  1. 口の内側に麻酔をする
  2. 内側を1~2cm程度切開(ドクターやクリニックによって異なる)
  3. 切開した部分からバッカルファットを適切な量を取り出し切除
  4. 切開部分をとける糸で縫合

バッカルファット除去手術ができるクリニックランキング

湘南美容外科クリニック

美容整形
料金 191,560円(税込)
カウンセリング 無料
施術可能クリニック 全国10院
詳しくはこちらから

詳細を見る

東京美容外科

東京美容外科
料金 350,000円
カウンセリング 無料
施術可能クリニック 全国12院
詳しくはこちらから

詳細を見る

もとび美容外科クリニック

料金 183,300円(モニター価格:157,900円)
カウンセリング 無料
施術可能クリニック 新宿院のみ
詳しくはこちらから

詳細を見る

バッカルファット除去の失敗やデメリット

バッカルファット除去は若返りや小顔効果など、女性が気にしている悩みを解決してくれる大きなメリットがある事はご存じだと思います。

しかしデメリットももちろんございます。

脂肪を大幅に切除してしまうと余計にたるむ

理由としては頬のたるみはバッカルファットのみが原因ではなく靭帯SMAS(表在性筋膜)など支持組織のゆるみでも発生するからです。

バッカルファット除去手術で大幅に脂肪を切除してしまうと、皮膚が余ってしまいます。

このことで、さらにたるみを引き起こしてしまう可能性もございます。

除去する脂肪の量次第では頬がこける事もある

原因としては手術を担当したドクターが、必要以上にバッカルファットを除去してしまったことが原因でおこります。

コメカミから頬の真ん中から下の奥にある脂肪です。

これが、頬がぽっちゃりしたり、たるんだりする原因なのですが、人の顔によって適量をとれば、小顔や若返りになります。

手術自体は短時間ですが、難易度の高い手術です。

手術が得意でないドクターを選んでしまうと、頬骨の下の必要なバッカルファットまで除去してしまい頬がこけて余計に老けてしまう可能性もあります。

バッカルファット除去の腫れやダウンタイム

腫れの期間

約3日~1週間

※クリニックによっては2日程度で腫れが収まるところもあり、週末に行って週明けには会社や学校に通常に通う事もあります。

腫れの特徴

手術直後は、麻酔の影響で大きい腫れが見られる場合もあります。

翌日からは大きな腫れは引いてしまいます。

※腫れには個人差がございます。

内出血

内出血は6割以上が全くでない場合が多いのですが、顔には細かい血管が集中しているので、多少内出血を引き起こす場合もあります。

ダウンタイム期間内には引きますので、心配する必要はございません。

メイク

口の中の手術なので手術直後からフルメイクが可能です。

内出血や腫れが少ない人は当日から外出するケースもあるそうです。

洗顔

当日から可能です。

通院

溶けない糸で手術を行う場合が多いので通院はなし、または一回が多いです。

完成

完全にむくみが引いて完成までは三か月と言われています。

ですので最終的なダウンタイムは三か月です。

バッカルファット除去に関するよくある質問

質問:普通の人よりも、頬骨が出ている場合にバッカルファット除去を行うとさらに頬骨が目立つ可能性があるのか?

回答:バッカルファット除去は、個人に適した量を切除するのが正しい手術です。

頬骨が出ている人に適した量を切除すれば、目立つ心配はありません。

しかし下手なドクターに任せてしまうと、大量のバッカルファット除去を切除してしまう可能性があるため、頬骨が余計に目立つ可能性もあります。

病院やドクター選びは慎重に行いましょう

質問:20代なのですが、今のうちにたるみ予防としてバッカルファット除去を検討しています。

しかし年をとって頬がコケ、余計ふけてしまう可能性はないのでしょうか?その可能性がある場合は、たるみ始めてからその手術を行ったほうがいいのでしょうか?

回答:加齢が原因で頬がコケる可能性がありません。

栄養素を備蓄する機能がないバッカルファット除去は、逆に若いうちに手術したほうがメリットが多いです。

なぜかといいますと、若いほうが筋力等も多い為、リフトアップ効果もわかりやすいです。

予防という意味では早めに行ったほうが、将来たるみの心配をせずに過ごすことが可能です。

注意点をしましては、バッカルファットは皮下脂肪とは異なります。

太る食生活を行えば、もちろん顔の皮下脂肪が増えてしまいます。

バッカルファット切除を行っても顔だけ脂肪が全くつかないというわけではありません。