コラーゲンドリンクを飲んでも全く効果がない!その理由は・・・

「従来のコラーゲンドリンクよりも、高機能な低分子のコラーゲンペプチド配合されたドリンクが肌に効果的!」
など年々新しいコラーゲンドリンクが発売されていますが、ドリンクやサプリを飲んでも実際にコラーゲンになるわけではないことをご存じですか?
コラーゲン鍋でも結果は同じです。これはどういうことかといいますと、コラーゲン等のたんぱく質は体内で消火して初めてアミノ酸になります。

たんぱく質は体内の血管や筋肉や臓器や皮膚などあらゆる部分で必要となるため、この配分に関してはホルモンが決めています。肌のコラーゲン維持に必要とするホルモンは女性ホルモンです。これらは30代以降からどんどん減少します。なので、いくらコラーゲンドリンクやサプリや食べ物から摂取しても、それを生成するための女性ホルモンがないので、コラーゲンが増えることができないのです。

コラーゲンドリンクよりも増やす働きのある成分を取り入れる

実際にコラーゲンを取り入れるのは無理なのでしょうか?しかしコラーゲンは肌に必要な成分です。では化粧品からとりいれるのはどうでしょうか?実際にコラーゲン入り化粧品はとても人気があります。体内で無理であれば肌に直接つければ効果があるのでは?
これも残念ながら不可能です。原因は分子の大きさです。コラーゲンは分子が大きいので直接肌に塗っても、肌の真皮まで浸透することができません。だからといってコラーゲン配合の化粧品が無意味かというとそうではありません。コラーゲンは水分保持力に優れているので化粧水としては優秀です。
実はしわ対策としてコラーゲンを活用したい場合は、コラーゲンを増やす別の成分が配合された化粧品をつかうことです。それはビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールです。この成分が配合された化粧品を使用することで、コラーゲン生成を促進してくれます。

ビタミンC誘導体

肌に吸収されにくいビタミンCを肌に入れやすいように変えたものを、ビタミンC誘導体といいます。抗酸化作用や美白作用など、コラーゲンを増やす以外にも美肌に効果的です。「リン酸アスコビル」や「バルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と、表示されている化粧品を使用することです。クリームよりも水に配合すると、安定しやすい成分なので乳液等よりも化粧水が効果的です。

ナイアシン

レチノールよりも刺激が少ないので肌が弱い人にもおすすめの成分です。水溶性ビタミンの一種なので、肌代謝を促進してくれる作用があります。こちらも水溶性のことから、化粧水に配合されているものを選ぶことをおすすめします。

レチノール

人間の体内にもともとあるものですが、体外からも積極的にとりいれるといいでしょう。小ジワにとくに効果がありアイクリームでとりいれることがいいでしょう。しかし成分が刺激性で強いため、肌の弱い人はドクターへ相談し使用することをおすすめします。また日光に弱いため夜寝る前のケアとして使用することをおすすめします。