DUO ザ クレンジングバームの口コミ&効果!洗浄力は高いのに肌には優しい理想的なクレンジング

評価
DUO ザ クレンジングバーム 肌への優しさ 成分配合量 追加の美容成分
◎ ○ ◎
使い心地 コスパ 満足度
◎ ◎ ◎

DUO ザ クレンジングバームは、モンドセレクションは5年連続受賞、アットコスメでもクレンジング部門1位獲得の実績もあるエステのような感覚が味わえるクレンジングバームです。美的やMAQUIA、GINGERなどの女性誌でも紹介され、累計販売実績は150万個を突破しています。

使った方からはこんな声も寄せられています。

  • だんだん毛穴が目立ちにくくなった気がする…!
  • メイクはしっかり落ちるのにつっぱり感が全然ない
  • クレンジング独特のベタつきやヌルつきを感じない!

DUO ザ クレンジングバームは、敏感肌向けクレンジングによくあるお悩みである、洗浄力の弱さやヌルヌル、乾燥や扱いにくさなどの問題をクリアし、本当に使いやすくて効率よく使っていけるクレンジングです。

このクレンジングがどんな仕組みになっているのか、なんでしっかり落とせて潤いも残せるのか、実際に気になるところをまとめてみました。成分や口コミもしっかり理解できるようになっています。自分の肌に合うクレンジングをお探しの方に、きっと役立ててもらえるはずです!

DUO ザ クレンジングバームの体験レビュー


モンドセレクション5年連続受賞!大人気有名クチコミサイト@コスメのクレンジングランキングでも1位を獲得するなど、爆発的人気なデュオ・ザ・クレンジングバーム♪

以前よりも容器が簡単に開いてスパチュラも中に収納できるように改良されていて、とても使いやすくなっています。内容量は、たっぷりと使える約1ヵ月分90g。これ1つで乾燥毛穴の黒ずみエイジングケアなど肌悩みを解決できる優秀すぎるクレンジングです!


▲デュオ・ザ・クレンジングバームは、これ1本でクレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージトリートメントケアと5つもの機能を果たしてくれます。

開発者の咲丘恵美さんは、デュオを開発する前は洗顔時にスチーマーを使用して毎日エステのようにディープクレンジングをしていたそうです。毎日スチーマーを使用するのは、正直大変ですよね・・。なんとデュオは、エステのディープクレンジングと同じような作用があるそうです♪


▲デュオの箱を開けてみると、親切にデュオの使い方や開封の仕方が絵で分かりやすく書かれています。失敗しらずに、デュオクレンジングの正しい使い方ができます。


▲デュオクレンジングは、7つの無添加を実現!!さらに31種類のエイジングケア成分・24種類の天然植物エキスとビタミンC・Eを贅沢に配合しています。超敏感肌の方や、クレンジングジプシーの方にぴったりですよ♪

旧表示指定成分(アルコール)石油界面活性剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・石油系油脂・アルコール

全成分
パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、トコフェロール、ノバラ油、アンマロク果実エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ノイバラ果実エキス、プルーン分解物、クリサンテルムインジクムエキス、サクラ葉エキス、トルメンチラ根エキス、豆乳発酵液、メマツヨイグサ種子エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、タチジャコウソウエキス、オウゴンエキス、キハダ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、オウレン根エキス、カミツレ花エキス、クチナシエキス、セイヨウオトギリソウエキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、水、BG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール


▲デュオクレンジングを開けてみました!しっかりと中蓋がしまっていて、中蓋の外し方が丁寧に書かれていて簡単に取り外せました。以前のデュオは、回して開くタイプで使いにくかったのですが、今回はパカっと簡単に開いてバームを取り出せるのでとても助かります。

スパチュラもケースの中にピッタリ収納することができるので、小さいスパチュラを無くす心配もありません。


▲デュオクレンジングバームをスパチュラで取り出してみました!
バームは、白色でろうそくの色とそっくりです。バームは固いのかなと思いましたが、意外にも簡単にすくえるので、スパチュラで必要な分を調節できます♪


▲1回の使用量を、手に乗せてみました。専属スパチュラの、山盛りの1杯が目安になります。
バームがとても柔らかいので、すぐにでも溶けてしまいそう。自然なローズの香りもほのかに香ってくるので、とても癒されます♪


▲デュオクレンジングの作用が分かった所で、実際にメイクは落ちるのか⁉落ちないのか⁉検証してみました!


▲バッチリメイクしてみました!使用したメイク道具は、リキッドファンデーションアイブローアイライナーチーク口紅です。バームを右半分に乗せて、こすらずにゆっくり広げるだけ!トロトロとろけるように馴染んでいくので、とっても気持ちいい♪


▲驚いたことに数分で馴染んで、ウォータープルーフ化粧品もしっかりと落としてくれて専用クレンジングいらず!w洗顔はしていません。毛穴に残っている感じもなく、右半分だけ肌がとてもぷるぷるしていて柔らかいです。オイルよりも素早く落とせて、肌に優しい気がしました。


▲デュオクレンジング後の水分量を測定してみました!
クレンジング後の水分量は低下することが多いのですが、デュオクレンジングは7.2%もupしています♪デュオクレンジングは、メイク汚れはしっかりと落として、必要な皮脂はしっかりと守れているのでミスワールドや美容のプロの長年の愛用品になることに納得です。

DUO ザ クレンジングバームの口コミ

DUO ザ クレンジングバームの最安値を楽天・amazon・公式(通販)サイトなどで比較してみました!

公式サイト 1,800円(定期便申し込み時の初回限定価格)
楽天 3,888円
amazon 2,948円
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

DUO ザ クレンジングバームが販売されているのは、公式サイトと楽天、Amazonのみです。ドラッグストアやバラエティショップなどの路面店では販売されていません。

ちなみに、この中での最安値は公式サイトからの購入です。楽天では定価、Amazonでも2017年2月現在は24%OFFの価格で販売されていますが、公式サイトから定期便に申し込むと、定価の50%OFFである1,800円で購入することが可能になります。

この定期便は、ウェブ限定のサービスです。定期便という名前ではありますが、いつでも途中解約が可能なので、もし肌に合わなければ2回目以降からストップすることが可能です。ちなみに、2回目以降も20%OFFで購入することができるので、ほぼ最安値で続けることができるでしょう。

定期便なら何回でも送料無料、初回お試しキャンペーンとして、初回価格が半額になるだけでなく、豪華なサンプルセットをもらうこともできます。

楽天やAmazonでも購入できるので、ついそちらの方が便利に思われるかもしれませんが…。楽天で販売しているのは小売店ですし、Amazonでは価格が変動することもあるので、あまり安定感はありません。公式サイトから購入しておくと、何か困ったことが起きた時にサポートが受けやすく、安心感があります。

とにかくお得に、安心して続けていきたいなら、公式サイトから申し込むのが確実です。

DUO ザ クレンジングバームはこんな女性におすすめ

  • メイクの落ち方は満足しているけれど、肌がつっぱるのが心配
  • クレンジングの後洗顔をしないとスッキリできない
  • クレンジングや洗顔後、すぐに化粧水をつけなくちゃ!といつも焦る
  • 敏感肌なので、クレンジングも肌へに優しさを重視したい
  • できればクレンジングでも美肌に役立つものを使いたい
  • 毛穴の角栓や目立ちをなんとかしたいと思っている
  • 本当に使い心地の良いクレンジングを使いたい

DUO ザ クレンジングバームが洗浄力は十分なのに肌にやさしい理由

DUO ザ クレンジングバームは、これまでどこにもなかった新感覚のクレンジング。なじませるととろけるクレンジングであることはもちろん、「ちゃんと落とす」と「肌に優しい」も両立しているのが特徴です。

このクレンジングは肌に負担のかかるクレンジングを繰り返していたことで様々な肌トラブルに見舞われた経験があるという開発ディレクターが、本当に肌への負担を考え抜いて開発されたもの。だからこそ、肌の土台を立て直せるクレンジングになっています。

ポイントは、潤いを与えながらしっかり落とせるその構造です。DUO ザ クレンジングバームが優しさと洗浄力を両立できている仕組みは、独特の使い心地があるからこそ実現できているのです。

独自のナノマトリクス構造が「しっかり落とす」を実現!

この洗浄力を高めているのは、DUO ザ クレンジングバームの独自技術であるナノマトリクス構造。ナノマトリクスという特殊なカプセルの中に洗浄成分とエイジングケア成分を閉じ込めてあるのです。

このクレンジング、はじめは固めのクリームです。これを顔の上でのばすと体温でスーッととろけるようになっています。これこそが肌への負担を軽減させながらしっかり洗浄成分も届ける最大の秘訣。

とろけることによって肌を守りながら洗浄成分を効率良く肌に届けることができるようになり、ダイレクトに肌についた汚れを除去できるようになっています。

31種類のエイジングケア成分が潤いを与える

このクレンジングには31種類の美容成分が入っているのも大きな特徴です。この肌への働きかけはただクレンジングとして汚れを落とすだけでなく、マッサージクリームとして使えるほどのもの。

この中にはビタミンCやナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸にナノセラミドも含まれていて、保湿力を高めています。これがクレンジング中に肌の角質層に浸透して肌を守る役割を担っているのです。

もちろん、敏感になりがちな年齢肌を守るため、パラベン・鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料や着色料、アルコールも無添加。

香りの力で女性ホルモンに働きかけを行えることがわかっているローズ精油も含まれています。きっとクレンジングタイムが気持ち良くリラックスできる時間になるでしょう。

ソフトスクラブ効果もプラス。角質ケアも同時に行う

このクレンジングで使われているカプセルは弾力性にも富んでいて、汚れを絡め取りやすいというのも特徴。メイク汚れはもちろん、毛穴汚れや古くなった角質までからめとれるようになっています。

もちろん、スクラブ剤やピーリング成分は不使用。肌への負担は最小限に抑えられています。

年齢を重ねてトラブルが起こる可能性が高くなった肌は、追加するスキンケアではなく、正しく落とすスキンケアもとても大切。このクレンジングは独自のカプセルのおかげでそんな落とすスキンケアも可能にしています。

これで肌を土台から立て直す理想的なスキンケアの第一歩が踏み出せるでしょう。

DUO ザ クレンジングバーム&リダーマラボ モイストゲルクレンジングを徹底比較!!

項目 DUO ザ クレンジングバーム リダーマラボ モイストゲルクレンジング
肌への優しさ ★★★★★5 ★★★★★3
成分配合量 ★★★★★5 ★★★★4
追加の美容成分 ★★★★4 ★★★★★5
使い心地 ★★★★★5 ★★★★★3
コスパ ★★★★★5 ★★★★★2
満足度 ★★★★★5 ★★★★★3
価格 1,800円(定期便申し込み時の初回限定価格) 2,848円(初回限定価格)

DUO ザ クレンジングバームと同じく少し高級なクレンジングゲルの中には、リダーマラボのモイストゲルクレンジングというものもあります。

このモイストゲルクレンジングは、クレンジングだけでなく毛穴の悩みにも対応するために作られたクレンジング。極小のこんにゃくスクラブを配合している新感触のゲルクレンジングになっています。

洗浄成分のほかに42種類もの美容液も配合されていて、プルプルな感触はまるで濃厚美容液!との声もあるほど。実際にクレンジング+洗顔のダブル洗顔をした時と比較して、経皮水分蒸発量が1/5だったという実験結果も出しています。

一方、DUO ザ クレンジングバームは、美容成分は31種類と少し少ないですが、独自のカプセル化技術のおかげで効率良く美容成分と洗浄成分を届けられるようになっています。しかも、とろける使い心地とローズの香りがとても気持ち良く、この使い心地にハマる!という方もいるほどです。

どちらを使ってみようか悩む…という方も多いものですが、続けていくクレンジングとしてはDUO ザ クレンジングバームがおすすめです。

その理由はやはり、その使い心地の良さと価格です。確かにリダーマラボのクレンジングも肌への負担を最小限に抑えて作られてはいますが、毎日使うクレンジングとしては価格が高いのです。初回こそ割引がありますが、通常価格は5,696円となっています。

DUO ザ クレンジングバームなら、2回目以降も2,880円。だからリダーマラボと比べたら約半額となるのです。

もちろん、だからと言って満足度は半分ではありません。独自技術のおかげで効率が良くなっているので、くすみや毛穴への対策としてもクレンジングとしても満足度は同じくらい期待できるでしょう。

価格的にリダーマラボのものでも問題ないというのであればそちらでも良いかもしれません。でも、そうでないなら価格的にも負担は少なくできるだけ効率重視!で作られているDUO ザ クレンジングバームの方が良いと思います。

自分の肌に合うクレンジングの選び方

そもそも、自分の肌に本当に合うクレンジングはどうやって選ぶのでしょうか?その基準は自分の好み以上に自分が毎日どんなメイクを行なっているかで大きく変化します。

オイル系のクレンジングは洗浄力が高く、次いでリキッドやクリーム、そして洗浄力が低くなるのがミルクやゲルとなります。洗浄力が高ければ高いほど肌への負担も大きくなり、洗浄力が低ければ肌への負担も少ない、というのが一般的な考え方です。

この中でどのクレンジングを選ぶかは、自分のベースメイクの濃さで選ばなくてはいけません。もしかしたら、自分の肌質で選ばれているかもしれませんが、それでは十分なクレンジングができていない可能性も高まります。

濃くて落ちにくいメイクをしているなら洗浄力が高いものを、BBクリームなど軽いメイクしかしないなら洗浄力が低いものを選ぶようにしましょう。日によってメイクが変わるなら、クレンジングを変えても良いくらいです。

メイクは落とし損ねるのが肌に1番負担を与えます。いくら肌に優しいケアを目指しているとしても、将来の後悔しないためには無理に実現せず冷静に判断するのも大切です。

本当に怖い、メイクの落とし損ね問題

クレンジングが合っておらず、日々のメイクがきちんと落としきれていない場合、当然ですが肌には大きな負担を与えます。

  • メイクの落とし損ねがシミの原因になる
  • 毛穴に残っていたら毛穴を押し広げる原因にもなる
  • スキンケアの浸透を阻み、肌荒れの原因にもなる

メイクは毎日のことなので、クレンジングで洗い残しが起こっていたら当然、毎日そのダメージは蓄積されていくことになります。毛穴の汚れならミルフィールのように日々頑固な角栓に変化していくし、そうでなくても少しずつ色素沈着を起こす原因になっていきます。

クレンジングは自分の肌を素肌に戻して休憩させるのに欠かせないものです。ここを適当にしてしまうとスキンケアの効果だって引き出すことはできません。

もちろん、クレンジング自体をし損ねて眠ってしまったりすれば、肌の回復も阻みます。クレンジングは美肌の基礎です。できるだけ毎日正しく行えるのが理想です。

拭き取りタイプ、シートタイプのクレンジングは危険

クレンジングの時短アイテムとして、拭き取りクレンジングやシートクレンジングなども販売されています。こういったアイテムは洗面所まで行かなくてもメイクが落とせてとても便利に感じられるでしょう。
でも、こういった拭き取りクレンジングには難点がいくつもあります。

  • 拭き取るだけで落とせるようにするために洗浄力がとても強い
  • ゴシゴシ拭き取ってしまうと、シワやたるみの原因になる
  • 小鼻のキワなどは落とし損ねやすいので毛穴の目立ちの原因になりやすい
  • 正しく使わないとまつ毛が抜けやすくなる原因にもなる
  • アルコールが入っているものが多く、肌への負担が大きい
  • 上手に使わないとクレンジング成分が肌に残ることも…

基本的にシートタイプのクレンジングは、オイルクレンジング以上に洗浄力が高いと認識しておきましょう。アルコールも添加されており、肌への負担はとても大きいです。

そもそも、肌をゴシゴシこする摩擦は、肌に負担を与えて肌荒れやシワ、たるみ、くすみなどを作る大きな原因の1つです。そんな摩擦行為をあえて負担の大きなクレンジングで行うのは、肌のことを思うと良いことだとは言えません。

確かにメイクを落とさずに寝てしまうよりはマシですが…。基本的には利用しない方が良いクレンジングとして認識しておいた方が良いでしょう。

DUO ザ クレンジングバームの使い方

DUO ザ クレンジングバームは、とろける使い心地という他にはない大きな特徴もあるクレンジングです。最初はボロボロとした固形に近いものですが、肌にのせるとそれがとろけてふんわりやさしいクリームに変わります。

この効果を最大限に発揮させるためには、ちょっとしたコツも必要です。より効率良く肌に優しいクレンジングを実現するためにも、正しい使い方で気持ち良くクレンジングを行っていってくださいね。

顔も手も乾いた状態でクレンジングを手に取る

このクレンジングは濡れた状態で使うのは難しいです。クレンジングの時には顔も手も濡らさず、乾いた状態で使いましょう。使用量は専用スプーンに山盛り1杯程度。顔にのせにくい時は固いクリームをちょっと押してなじませてから使うと良いです。

顔全体に広げてマッサージ

顔全体に広げたら、下から上へ、内側から外側へ、円を描くようになじませていきます。この時のタッチは、産毛をなでる程度の力加減で。マッサージは長時間やりすぎるとシワやくすみの原因になります。1分程度行ったら最後に小鼻や口元などの汚れが溜まりやすいキワの部分を指を使って軽くマッサージしましょう。

ぬるま湯で洗い流す

汚れが浮き上がったのを確認したら、ぬるま湯で20~30回ていねいに洗い流します。お湯は体温よりも少し低めの温度が理想的です。熱すぎるお湯やシャワーは乾燥やたるみの原因になります。洗い上がりの目安は、ヌメヌメ感がとれて肌の上を指がすべる状態です。しっとり感が残っている状態がベストです。

DUO ザ クレンジングバームに使われている効果的な成分について

DUO ザ クレンジングバームは肌への負担を最小限に抑えるために、配合されている成分にも様々な工夫がされています。特に特徴的なのは、オイル系で肌への負担が少ないエモリエント剤がたくさん使われていることです。

スキンケアでも同じですが、いくら美容成分をたくさん配合していても、それにフタをして肌からの蒸発を防ぐものを追加しなければ、肌を上手に守ることが難しいのです。

不要な油分や汚れを落とすというクレンジングや洗顔ではなおさら、この傾向は強いもの。だからこそ、肌をしっかり守りながら汚れを落とすためにこの油分は欠かせません。

通常、オイル主体のクレンジングは洗浄力が強すぎることがネックになることが多いです。でも、このクレンジングなら確かにその心配はないでしょう。ここまでしっかり肌を守りながら洗えるのにも納得の成分構成になっています。

トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル

このクレンジングで使われている洗浄成分です。非イオン界面活性剤・乳化剤に分類されます。分子量が大きくて皮膚の内部に侵入しません。だから安全性はとても高いとされています。もちろん、洗浄力が強すぎることもありません。

パルミチン酸エチルヘキシル

DUO ザ クレンジングバームの基材となっている成分です。とても刺激が少なくてさっぱりと使えるエモリエント剤(肌から水分の蒸発を守る成分)なので、安心して使用することができます。ヤシ油などの植物油脂に多く含まれています。

グルコシルセラミド

肌の表面で皮膚を刺激から守る役割をするナノセラミドです。天然のセラミドで米やトウモロコシ、こんにゃくなどから抽出されます。もともと、肌にも存在している成分で、肌の保水機能やバリア機能の改善に役立つことがわかっています。

加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はもともと保湿力が高いものの、分子が大きく肌なじみが悪いのが難点。そんなヒアルロン酸Naの分子を小さくしたものが、加水分解ヒアルロン酸です。分子が小さくなったおかげで肌になじみやすく、保水機能はそのまま。保湿に欠かせない成分です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

いわゆるビタミンC誘導体です。油溶性になっていて、DUO ザ クレンジングバームとの相性はばっちり。水溶性ビタミンC誘導体は、即効性に欠けるのが残念なところですが、油溶性のこのビタミンC誘導体なら即効性と持続力どちらも期待できることがわかっています。保湿力もありコラーゲン分解酵素まで抑制します。