EGF化粧品・EGF美容液おすすめ口コミランキング2018

皮膚や唾液、果ては母乳に至るまで、人間は様々な部分においてタンパク質で形成されています。特に皮膚に関しては、容易に触れ見ることが出来るので、人にとって最も身近なタンパク質と言うことが出来るでしょう。そして、その皮膚は常に生まれ変わっており、怪我などで傷つけば再生されていきます。その皮膚の再生に欠かせないのが「EGF」なのです。

今回はEGFの効果やおすすめのEGF化粧品・EGF美容液を紹介します。

ノーベル賞受賞した「EGF」という成分とは

EGFとはそもそもどういったもなのか、EGFについて詳しく解説していきます。

EGFは皮膚を再生させる

EGFは「Epidermal Growth Factor」の頭文字を取った言葉で、上皮細胞を再生させる働きがあり、ヒトオリゴペプチドとも呼ばれています。EGFの発見はアメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士によってなされ、成分の配列と働きに関する研究においてノーベル賞を受賞(1986年)しています。EGFの発見後は、皮膚移植や角膜切開後の傷を回復させる目的等、医療分野で広く活用され社会にも大きく貢献しています。

皮膚のターンオーバーに欠かせない

EGFの働きは、表皮細胞に働きかけ分裂と集合を繰り返し新しい細胞を形成することを促しています。その働きは非常に急速で、常に何かしらダメージを受けている皮膚の再生能力を引き上げる事が出来ます。特に、加齢と共に失われる皮膚のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を正常に保つためには不可欠で、EGFの働きが鈍ると老化によるみずみずしい肌は失われてしまいます。

EGFは20代後半から失われる

この様に、見た目の若さを保つためには、EGFが正常に働いている必要があります。しかし、EGFは20代後半頃から急速に失われていくのです。所謂お肌の曲がり角と言う言葉は、このEGFの減少の事を指しており、それと同時にヒアルロン酸やコラーゲンと言ったタンパク質の生成能力も低下していくこととなり、見た目の老化に拍車をかけてしまうのです。

EGF化粧品・EGF美容液には若返り効果がある?

前述した通りEGFは20代後半から失われ、それと共に見た目の老化は始まってしまいます。そのため、日々のスキンケアにEGFを用いた化粧品・美容液によって補う必要が出てくるのです。しかし、こういった成分を含んでいたとしても、実際に若返り効果を得ることが出来るのでしょうか。

ドクターズコスメとは?

突然ですが、ドクターズコスメというものをご存知でしょうか。これは、医師監修の元製造されたコスメの事を指し、敏感肌や乾燥肌など肌トラブルになりやすい人向けに低刺激の成分を使ったものになっています。そして、先程紹介したEGFを用いたコスメもドクターズコスメに含まれるのです。EGを用いたドクターズコスメは、その主たる効果である肌のターンオーバーを促す事を目的としており、高いアンチエイジング効果が得られるコスメとなっています。その効果は折り紙付きで、昨今のドクターズコスメにおいて、EGFは耳目を集める存在となっているのです。

EGFが効くメカニズム

肌トラブルの主たる原因は、肌のターンオーバーの乱れにあります。肌は3層構造(表皮、真皮、皮下組織)になっており、更に表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分類することが出来ます。そして、基底層から新しい細胞が作り出され、角質層までくると表皮は垢となってその役目を終えます。このメカニズムを肌のターンオーバーと呼んでいますが、加齢と共にそのサイクルに乱れを生じ、傷が治りにくくなったりシミが増えたりするのです。EGFはこのターンオーバーを正常に戻す効果があります。なぜならば、上皮細胞を再生させる働きがあり、古い角質が肌にとどまる事による様々な肌トラブルを改善するからです。

副作用の心配はないか

医師監修の元製造され効果を実感できるのであれば、何らかの副作用を心配される方もいると思います。しかし、EGFは過剰使用しても効果が変わらないので、肌トラブル等の副作用の心配は無用です。そのため、何らかのコスメをためらいがちな敏感肌の人でも使用でき、日々の有効なスキンケアとしてEGF化粧品を取り入れる事が出来ます。ただし、何らかの肌トラブルを抱えており、皮膚科などで治療を受けている場合は、医師の判断を仰でから使用する方が良いでしょう。

どんなEGFコスメを選ぶべきか

EGF化粧品の効果も相まって、様々なコスメがリリースされています。しかし、選択肢が増えると言うことは、どのEGF化粧品を選べば良いのか分からなくなってしまうことでしょう。事実、EGFを配合しているコスメでも、粗悪な商品で利益を得ている化粧品会社も少なからず存在しています。ですから、EGFが適切に配合されている化粧品を選ぶのが肝要になります。まず、化粧品に配合されているEGFは、「ヒトオリゴペプチド-1」と表記されます。製品の背面部分に成分表示がされているので、まずは「ヒトオリゴペプチド-1」と表記されているか確認しましょう。そして、日本EGF協会が定める適正量、1ml(若しくはg)に対して、EGFが0.1μg以上配合されている化粧品が効果のあるコスメになります。

肌への早めの対処が肝心

EGF化粧品は、エイジングケアにとって非常に有効です。しかし、年齢を重ねるほどエイジングケアは難しくなるのも事実であり、早めの対処が求められます。そういった意味でも、EGF化粧品を使用するのは推奨され、肌が正常にターンオーバーさせるためにも、早めのうちから老化に負けない肌を育てる必要があるのです。高額なエステ等に頼らなくても良いように、肌を若返られるEGF化粧品を使用してみては如何でしょうか。

おすすめのEGF化粧品・EGF美容液

ミューノアージュ

ミューノアージュ
ミューノアージュは、EGFだけでなく7種のペプチドを配合している化粧品で、肌のターンオーバーを再生させるだけでなく、肌本来のハリや弾力を取り戻すことが出来ます。特に、ほうれい線の解消には効果があり、「ほうれい線に使いたいコスメNo.1」にも選ばれています。また、クリームが肌と同等の構造になるように、ラメラエマルジョンと呼ばれる技術を採用しているので、高い浸透性を誇り肌の奥までしっかりと行き届いてくれます。

詳細を見る

透輝の滴

透輝の滴
透輝の滴は、EGFを含む8種類の成長因子(FGF、GF、GF様成分等)が配合された化粧品で、高いエイジングケアを発揮してくれます。肌のターンオーバーを正常に戻すことばかりでなく、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン等にも働きかけ、健康でみずみずしい肌を保ってくれる化粧品です。また、肌の健康を保つとともに保湿も行える化粧品となているので、日々のスキンケアをこれ一本で済ますことが可能です。

詳細を見る

シグナリフト

シグナリフト
国が許可した細胞培養を行える研究機関で開発されているのがシグナリフトです。EGF等の成長因子は勿論の事、シグナペプチドと呼ばれる新成分も配合されているので、肌の再生能力を取り戻すと共に、若々しい肌を取り戻すことが期待できます。また、医学的根拠に基づくグロスファクターを5種も配合しているので、高いアンチエイジング効果を得ることができ、肌を多角的にサポートする事が出来ます。

詳細を見る

コンシダーマル

コンシダーマル
エイジングケアは勿論、肌のうるおいや栄養補給も出来るのがコンシダーマルです。EGFと共にマリンプラセンタや発酵プラセンタなども配合されているので、加齢による肌の悩みに応えうる化粧品と言うことが出来るでしょう。また、肌に必要な栄養成分も配合し、それらがしっかりと肌に届くように高い浸透性もあり、単に肌の成長を促すだけでなく、健やかなターンオーバーを実現することが出来ます。

詳細を見る

リルジュ

リルジュ
リルジュは、EGFをはじめFGF、IGF、EDP3、Rejuline、IDP5などの成長因子が配合された化粧品です。更に、これら有効成分をリポソーム化することによって、効率よく肌に補充することが可能になっています。グロースファクター等は、肌に浸透することで酵素によって分解されるのですが、リポソーム化することでこれを防ぐことが出来ます。また、リポソーム化することによって、狙ったところに届くようにする事が出来るので、高い効果を期待できるでしょう。

詳細を見る