肌荒れ対策化粧品おすすめ口コミランキング

肌荒れ対策化粧品おすすめ口コミランキング

ぽつっとできてしまった肌荒れは、なめらかで美しい肌の大敵です。見た目が悪いだけではなく、痛みやかゆみを伴う場合もあり「一刻も早く治したい」と思うはず。

繰り返しがちな大人の肌荒れを防いで、美しい肌を目指すにはどのような化粧品が合うのでしょうか?選び方のコツや効果的な使い方、改善する習慣まですべて教えます!

肌荒れの原因と改善する方法とは?

荒れている肌を鏡で見ると、気分が下がり自信が無くなってしまいます。女優のようなきれいなツヤ肌を手に入れて、毎日のメイクやスキンケアを楽しみたい…と思いませんか?多くの女性を悩ませる肌荒れを改善するために、原因をしり対策方法を学びましょう!

肌荒れの原因

大人のニキビは10代と違って原因が複雑です。特に30代を過ぎると肌の代謝が落ちて影響が出始めます。新陳代謝が落ちると角質の状態が悪くなり、バリア機能が低下してしまうのが大人ニキビの大きな原因です。

バリア機能が低下すると肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥を引き起こします。そうなると水分と皮脂のバランスが崩れ、毛穴に汚れや油分がつまりやすい環境を作るのです。

毛穴づまりを起こすと雑菌感染による炎症を起こしやすくなります。これが原因で肌荒れ部分の痛み・かゆみにつながるのです。

肌荒れを改善する方法

 
肌の代謝が落ちバリア機能が弱まることによって起きてしまう大人の肌荒れは、炎症を起こしてしまうスパイラルから抜け出すことから始める必要があります。そのために大きく役立つのが、肌状態に合った正しいスキンケアをすることです。

生活習慣や食事に気を使うことはもちろん必要ですが、肌の環境を整えるためには外側からのケアを見直すこともしなければいけません。肌荒れを治したいがためにケアをしすぎているケースもあり、かえって悪化させてしまっている場合もあります。

肌荒れを改善するには、乾燥から守るスキンケアをして肌バリアを復活させるお手入れをすることが何よりも大切になるのです。

肌荒れに効く化粧品の選び方

原因が複雑な大人の肌荒れは改善しても繰り返すことが多く、化粧品選びに困ってしまうことがよくあります。同じ悩みをもう一度抱えなくてもいいように、きれいな肌を保てる化粧品を選んでみましょう。

低刺激にこだわる

大人の肌荒れができてしまうほどバリア機能が低下していると、化粧品の刺激が引き金となって炎症を起こしてしまう可能性があります。「20代のころは何ともなかったのに、なんだか最近化粧品によってヒリヒリするようになった」という自覚症状があるなら要注意!

肌を刺激するような成分は避け、やさしい付け心地のものを選ぶように意識してみましょう。香料や濃度の高いアルコール類は特に刺激になりやすいので、なるべく配合されていないものを選ぶのが正解です。

炎症を抑える成分を選ぶ

もし赤く痛みやかゆみを伴う肌荒れを起こしているなら、抗炎症作用のあるものを選ぶと改善がスムーズにできるでしょう。比較的低刺激で炎症対策ができる代表的な成分は、ハトムギエキスや甘草エキスなどです。

肌荒れ対策化粧品には、アクネ菌などの原因菌を殺菌する成分が含まれている場合があります。10代の思春期ニキビには殺菌作用のあるものが合いますが、バリア機能が弱まった大人ニキビには刺激が強すぎる場合があるので注意しましょう。殺菌して肌荒れを治すのではなく、やさしく炎症を鎮めて治すことをポイントに選んでください。

保湿力重視で選ぶ

肌の水分が蒸発しやすい状態にある場合は、高い保湿能力を備えた化粧品でケアする必要があります。乾燥を放置すると過剰に皮脂が分泌されてしまい、毛穴に油分がつまることを繰り返してしまうので保湿で対策しましょう。

油分で補うと肌がテカってしまいますので、肌の水分保持を助ける役割のある成分を選んでみてください。ライスパワーNo.11やセラミドは肌を水分で満たしバリア機能をサポートしてくれるためおすすめです。

肌荒れに効く化粧品おすすめ口コミランキング

肌荒れに効く化粧品の使い方

どんなにいい成分を含んだ化粧品でも、正しく使えなければせっかくの効果も台無しです。一刻も早く肌荒れを克服するためには、どのようなケア方法が有効なのでしょうか。

手でやさしくなじませる

外からの刺激に敏感になっている肌は、コットンなどの摩擦でダメージを受けやすい状態になっています。一見やさしそうに見えるコットンは、意外と摩擦を起こしやすいので注意してください。

理想なのは、軽くハンドプレスしながら肌に押し込んでいくこと。擦らないでやさしく押し込むことにより、摩擦を生まずに角質層をしっかり潤すことができます。時間がなくてハンドプレスができない…と諦めなくて大丈夫!

一つのスキンケアステップに対して60秒ほどかけて顔全体をプレスするだけでOKです。それなら化粧水・美容液・クリームの3ステップでも5分以内に済みます。

朝・晩必要量を守って使う

潤いが逃げやすい大人の肌は、朝・晩必要量を守ってスキンケアすることが大切です。もったいないから、と少な目に使用すると本来得られる効果を感じにくくなってしまうので覚えておきましょう。

効果をより高めようと必要以上に使い過ぎるのもおすすめできません。過剰に化粧品を使ってしまうのは肌荒れを悪化させる一つの原因になってしまいますので、必要な量は絶対に守ってください。

油分のあるものは付け過ぎに注意

肌をよりしっとりさせたい、そう思ったら油分のある乳液やクリームで入念に保湿をしたくなります。大人の肌荒れ対策をするなら、油分の付け過ぎに気を付けて下さい。

毛穴に油分がつまり炎症を起こしやすい肌環境になっているため、過剰な油分補給は厳禁です。こってりしたクリームは肌を薄いヴェールで守るようなイメージで使うようにしましょう。

最近はオイル美容の流行で油分の多い保湿剤が多く販売されています。毛穴がつまり炎症を起こしている肌には慎重に使うようにしてください。

肌荒れを早く、効果的に改善する習慣

スキンケアを見直すことで肌荒れを改善することは可能ですが、根本的に改善したいなら習慣にも気を配る必要があるでしょう。効果的に改善し、「肌がきれいでうらやましい」と言われるようになるにはどんな習慣を実践するのがよいのでしょうか?

保湿力の高い日焼け止めを使用する

シミや老化などさまざまなトラブルを引き起こす紫外線。毎日抜かりなく対策している女性がほとんどでしょう。UVカットできる化粧品に保湿力があるかどうかチェックしていますか?

市販の日焼け止めの多くは「紫外線吸収剤」が入っています。これはUVを熱エネルギーに変えて発散する成分が含まれているのですが、反応を起こす際熱を発する仕組みが特徴です。肌温度を上昇させ水分を蒸発させる一面があるので、乾燥がひどい肌には向いていません。

美容液成分が入っているもの、または「紫外線吸収剤不使用」のものを選んで使ってみましょう。刺激に弱いならアルコールフリーなど、細かい成分にこだわってみてください。

睡眠の質を上げる

肌のバリア機能を高めるには、寝ている間の肌の修復をサポートできるような生活習慣が必要になります。「寝る時間を増やすなんて無理」と諦めなくてもOK。大切なのは睡眠時間より「質」です。

ゆっくり眠る時間が確保できない日は、就寝1時間前に蛍光灯から間接照明に切り替えるだけでも睡眠の質が上がります。人は光によって神経が興奮してしまい眠りづらくなってしまうので、寝る前の照明を工夫してみましょう。

軽いストレッチを日課にする

何万円もする化粧品よりも、軽いストレッチの方が美肌に近づける…そんな提言をする美容家が数多く存在します。ストレッチは全身の血流をアップさせて老廃物の排出をしやすい体を作ることに役立ち、肌荒れ時のインナーケアに最適です。

毎日5分行うだけでも十分効果がありますので、女性がコリを感じやすい首・肩・肩甲骨を中心に行ってみてください。肌荒れの回復力を高め、炎症を繰り返さない為におすすめの習慣です。

マスクで荒れるならガーゼをはさむ

仕事柄マスクを着用しなければならない、アレルギーでマスクが手放せない…そんな女性が多いのではないでしょうか。マスクをしている部分は湿度がたまって角質がふやけやすく、バリア機能が弱まってしまいがちです。

便利な使い捨てタイプのマスクは衛生を保てるのですが、不織布タイプは湿度調節がしにくいため肌荒れを起こしている場合はあまりおすすめできません。

不織布繊維が肌を刺激してしまうことも考えられますので、ガーゼを挟むかガーゼマスクを使用してみましょう。洗浄が必要な手間はありますが、チクチクしない上に意外と湿度がこもらず快適です。

まとめ

美肌の天敵、肌荒れ。見た目が悪くなるだけでなく、痛みやかゆみがあるのでとても不快な思いをしてしまう肌トラブルのひとつです。一刻も早く治して自信を取り戻したい、そう思うのであれば正しいスキンケアに切り替えてみましょう。

原因を断ち切り、肌をいたわることができれば大丈夫。「今から始めても遅いような気がする」と考えず、前向きに取り組んでみましょう!肌質に合ったケアでなめらかなツヤ肌を手に入れてください。