肌のハリを取り戻す化粧品おすすめ口コミランキング

肌が重力に負けて毛穴が広がる、たるむ…そんな変化に悩まされている女性は多くいます。「今さら対策したって遅い」と諦めていませんか?

肌のハリを復活させるなら、肌のハリを取り戻す化粧品でコツコツケアしてふっくらした状態を取り戻しましょう。今からケアすれば「最近お肌の調子いいね」と褒められる、肌のハリを取り戻すおすすめの化粧品を紹介していきます!

肌のハリがなくなる原因と対策方法とは?

ハリを失った肌は毛穴が縦に開いてファンデーションが入り込んでしまいます。それだけでなくしぼんだ風船のような印象を与え、見た目年齢を一気に引き上げてしまうのです。

女性の大敵であるこの悩みの原因はどこにあるのでしょうか?改善する対策方法とともに解説していきます。

肌のハリがなくなる原因

肌のハリがなくなってしまう直接的な原因は2つあります。1つ目は乾燥、2つ目はコラーゲン・エラスチンの減少です。「乾燥が肌のハリと関係あるの?」と疑問に思う女性が多いのですが、密接な関係があります。

乾燥により肌の水分量が減ると角質層がしぼみ、ハリを失った状態になるのです。表情じわや乾燥小じわができやすくなり、ハリがない見た目になってしまいます。

2つ目のコラーゲン・エラスチンの減少は肌のハリを失うことにつながります。弾力を保つこれらの組織が減ることで重力に負ける肌になってしまうのです。コラーゲン・エラスチンは20代をピークに減少していき、30代後半になると変化を体感しやすくなります。

肌のハリを取り戻す対策方法

失ってしまった肌のハリを取り戻すには、上記2つの原因を取り除く必要があります。そのために有効なのは以下の2つの対策です。

  • UV対策をする
  • ハリを取り戻す化粧品を使う

この2つにこだわれば肌はふっくらし重力に負けない印象を取り戻すことができます。

1つ目のUV対策で大切なのは、乾燥しないUVカット化粧品を使うことです。紫外線を浴びて熱に変換させエネルギーを分散させる「紫外線吸収剤」は、肌を乾燥させてしまうためハリを失った肌にはおすすめできません。

吸収剤の代わりに「紫外線散乱剤」を使用した日焼け止め・化粧下地を日常使いするといいでしょう。「紫外線吸収剤不使用」と書かれた製品を選ぶようにしてください。

2つ目についてですが、乾燥やコラーゲン・エラスチンの減少は化粧品で対策することも大切です。目的に合った化粧品を正しく使うことによって失ったハリは取り戻すことができます。

ハリに満ちた印象に導くためには年代の悩みに合った化粧品を選ぶことが大切です。肌の変化を感じやすい30代にはどのような化粧品が適しているのか、次の項目で詳しく解説していきます!

肌のハリを取り戻す化粧品の選び方

一刻も早く取り戻したい肌のハリ。今までの化粧品では効果が実感できなかった…という方でも納得できる選び方のポイントを紹介しましょう。成分や使い心地にこだわれば必ず肌は変えることができます!

浸透力の高さで選ぶ

年齢による変化でハリを失ってしまった肌は、角質が厚くなり化粧品が浸透しづらくなっています。そのため浸透力が高いものを選ぶようにしましょう。

分子構造が小さい成分で構成された化粧品を選ぶことがポイントですが、素人にその判別は難しいです。浸透力がいいかどうかは口コミなどでチェックすると分かりやすく、「すぐに浸透してごわついた年齢肌でもしっかりなじみます!」といった例を参考に判断してみましょう。

コラーゲン・エラスチンの生成を促す成分をチェック

ハリを内側から支えているコラーゲンは化粧品で生成を促すことが可能です。年齢による変化に打ち勝つには以下の成分が含まれている化粧品を選んでください。

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン(ビタミンB13)
  • レチノール(ビタミンA)

この3つは肌の弾力をサポートしてくれる成分であり、年齢肌特有の悩みに応えてくれます。体内のコラーゲン・エラスチン減少が見た目に出やすい30代以降は取り入れるべき成分と言えるのです。周りと差をつけるならこれらの成分にこだわりましょう!

高い保湿力も必須!

肌のハリを取り戻すには水分量を保つ必要があるので、高い保湿力のあるものを優先して選びましょう。弾力がある肌でも水分量が少ないとハリのない印象になってしまいます。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などを配合した化粧品でしっかり保湿をしてください。

肌のハリを取り戻す化粧品おすすめ口コミランキング

肌のハリを取り戻す化粧品の使い方

気になる化粧品が見つかったら早速毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。より効果実感を得られる使い方のポイントを紹介していきます。

量・回数を守る

年齢の変化に働きかける化粧品は量・回数を守って使うのが鉄則です。朝晩の使用が必要なのに夜しか使わない、または夜のみの使用とされているものを朝も使うのはNG。

量の使いすぎにも注意してください。過剰な水分や油分の補給は肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

気になる部分はらせんを描くように塗る

ハリを失って下がってしまった肌は、表面の角質層が乱れています。一方方向に化粧品を塗ってしまうとムラになるため、美容液やクリームはらせんを描くようになじませると均一に広げられます。

決して肌をこすらず、圧をかけないように塗っていくのがポイントです。たるみが気になる箇所は下から上に向かってらせんを描きながら塗ってください。

仕上げはやさしくハンドプレス

より保湿力を高めるため、肌のハリを取り戻す化粧品を塗った後は顔全体をやさしくハンドプレスして仕上げましょう。長い時間をかける必要はなく顔全体で1分ほどできれば充分です。

お風呂上りの温かい手で行うと効果が高まります。ほんの少しの工夫ですが、毎日コツコツ行うと結果が変わるので試してみてください!

肌のハリを取り戻してくれる食べ物

失われた肌のハリを取り戻すには外からのアクションが第一ですが、内側からのケアにもこだわるとさらに効果がアップします。肌の素になる栄養素を積極的に取り入れ、若々しい印象を手に入れましょう。

タンパク質を含む物

現代の女性はカロリーを気にして肉類を控える傾向にあります。たんぱく質不足は肌のハリの低下を招いてしまうので積極的に摂取するようにしてください。

脂身の少ない魚や赤身肉を選べばカロリーは抑えることができます。フライパンで焼くと余分な油が落ちますので、調理方法にもこだわってみてください。

ビタミンA・C・Eを含むもの

肌のターンオーバーを促し角質を健康な状態に導くため、ビタミンA・C・Eを含む食材を意識して食べましょう。それぞれのビタミン含有量が多い食材は以下の通りです。

  • ビタミンA→卵、チーズ、うなぎ、レバー
  • ビタミンC→赤パプリカ、セロリ、アセロラ
  • ビタミンE→焼きたらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ

大豆製品

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品も肌のハリを取り戻すのにおすすめです。低カロリー&高たんぱくであることに加え大豆由来のイソフラボンを同時に摂取できます。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるため、ホルモンバランスの崩れによる肌の不調を整えられると言われています。

まとめ

忙しい毎日に追いやられていつのまにか肌のハリがなくなってしまった、と悩んでいるのなら化粧品や食事で改善しましょう。「今さら遅い」と諦めてしまったらそこで終わりですが、気づいた時に正しいケアを始めれば結果は必ず出ます。

肌のハリを取り戻す成分を配合した化粧品でコツコツケアしていけば、ふと鏡を見たときに「最近調子いいかも!」と喜べる日がやってくるはず!あの時始めてよかった…と思えように肌をいたわってあげましょう。