肌の乾燥・カサカサの原因と対策法!

肌の乾燥・カサカサの原因と対策法!

化粧ノリが悪い、肌荒れ、皮むけ…様々なトラブルの背景には肌の乾燥が隠されています。普段から肌の乾燥に悩んでいるけど、何をしても改善されないと諦めていませんか?

肌の乾燥は正しい知識とケアテクニックがあれば確実に対策できます。乾燥の原因と対策法をチェックしてみましょう!

肌の乾燥の原因と改善方法とは?

年齢を重ねるごとに感じる肌の乾燥。「年齢によるものだから仕方ない」と諦める前に、原因や改善方法を学びましょう。正しい知識があれば今からでも肌の乾燥を克服することは可能です!

肌の乾燥の原因

 

肌の乾燥の直接的な原因は肌の水分保持能力が落ちることですが、これを引き起こす要因は複雑です。空気の乾燥や紫外線、間違ったスキンケアなどの外的ダメージに加え加齢による肌の変化など内面からくる要因も絡んでいます。

30代以降の肌の乾燥は化粧水や乳液で潤してもすぐに水分が蒸発し、改善が難しいことが特徴です。複雑な要因によって肌の水分保持機能が落ちてしまうため、ただ潤すだけでは改善できません。

肌の乾燥を改善する方法 

しつこい肌の乾燥を改善するには、保湿力の高い化粧品で地道にケアする必要があります。

水分を与えるだけでは改善ができないので、肌が水分を抱え込む力をつける化粧品を使用することが必要不可欠です。肌の水分量を安定させることで様々な肌悩みを解決させることができます。

また、化粧品にこだわるだけでなく、普段の食事に乾燥ケア食材をプラスすることも有効な手段のひとつです。外側と内側、両方からケアしていくことで効率的に肌の乾燥を改善していけます。

肌の乾燥対策化粧品の選び方

 

大人の肌の乾燥は事情が複雑なだけに化粧品選びが大変です。一体どのような基準で選ぶべきなのか、3つのポイントを解説していきましょう。

保湿成分にこだわる

肌の乾燥対策なら、しっとりするものをすでに使っている。そう答える方は多いのですが、保湿成分にこだわって選んでいますか?保湿成分は数多くありますが、その中でも大人の肌の乾燥ケアに適している成分を選びましょう。

特におすすめなのがヒアルロン酸やセラミドです。水分を抱え込む力が強く、頑固な大人の肌の乾燥を改善するのに適しています。

保水機能を高めるものを選ぼう

保水力の高いヒアルロン酸やセラミドで潤すと同時に、肌が本来持つ保水機能を高める化粧品を使用することも非常に大切です。肌内部の水分量低下を防ぐケアをすれば、肌の乾燥を根本から解決することが可能です。

肌の保水機能を高める成分は、ライスパワーNo.11が注目されています。これは使い続けることで、肌の水分量改善が厚生労働省から認められている成分です。

「低刺激」に注目

乾燥している肌は角質がめくれている部分があり、バリア機能が低下しています。刺激のある化粧品を使用するとトラブルの元になってしまうので低刺激のものを選びましょう。刺激は炎症の元となり、肌荒れや色素沈着を起こす恐れがあります。

元々丈夫な肌質をしている女性でも、肌の乾燥が進むと少しの刺激にも反応してしまうことがあるので注意してください。特に美白成分には気をつけましょう。

アルブチンやビタミンC誘導体など、刺激を感じる可能性が高い成分を含む化粧品を使う場合は細心の注意を払ってください。まずは乾燥対策を行い、肌の水分量が改善されたら使うのがベストです。

肌の乾燥の改善におすすめの商品口コミランキング

肌の乾燥に効果的な化粧品の使い方

カサカサ対策ができる化粧品が手元に揃ったら、いざスキンケアの実践です!乾燥を根本から改善して肌悩みを解決するには、どのような化粧品の使い方が効果的なのでしょうか。年齢の変化にも負けない、潤い肌の作り方を伝授します!

プレ化粧水を使う

肌の乾燥が進んでくると、化粧水のなじみが悪くなり浸透しません。「なんだか最近化粧水の入りが前より悪くなった」と感じているならば、プレ化粧水を使ってからスキンケアをスタートさせてください。

最初に水分を与えておくことで次に使用する化粧品の通り道を作り、さっと浸透する効果を生み出します。乾燥肌対策用に作られたとろみのある化粧水は、プレ化粧水で肌を整えておくとしっかりと角質層まで浸透するようになります。

化粧水の浸透がいいと、その次の美容液やクリームなどもなじみがよくなります。スプレータイプのプレ化粧水だと顔全体にムラなく広げることができ、非常に便利です。

コットンよりも手で使う

刺激に弱くなっている乾燥肌のケアをする場合、コットンよりも手で化粧品を浸透させることをおすすめします。コットンは優しそうなイメージがありますが、意外と摩擦が発生しやすく乾燥した肌にはおすすめできません。

手でじっくりハンドプレスするようになじませれば刺激が少なく、手の温度で温められた化粧品がしっかり浸透します。「時間がないからハンドプレスは難しい」と諦める女性が多いのですが、プレス時間は1アイテムにつき1分間で充分です。

化粧水・美容液・クリームとすべてハンドプレスをしても5分もかからないので、地道にコツコツ行ってみましょう。

仕上げは必ずクリームで保湿

家事に育児に忙しい女性は、自分のことをついつい後回しにしてしまいます。化粧水や美容液でしっかり潤したけれど、クリームを塗るのを忘れてしまう…というのはやめましょう。

時間がないなら、クリームの仕上げはさっと終わらせてもかまいません。ハンドプレスできなくても、クリームは塗るようにしてください。肌を油膜で覆うだけでも役割をしっかり果たせますので、手を抜かずケアしましょう。

乾燥ケアはしっかり確実に続ければ、いつから始めても効果を得ることができます。毎日の小さな積み重ねが実を結びますので、手を抜かず頑張ってください!

肌の乾燥を改善してくれる食べ物

化粧品でのケアを正しくできるようになったら、より効果的に改善できるよう普段の食生活にも工夫を取り入れてみましょう。乾燥改善におすすめの、身近な食材を紹介します。スーパーでも簡単に購入できる食材を3つ厳選しました!

アボカド

「森のバター」とも言われるアボカドは、美肌のために取り入れたい食材です。セラミドの生成に関わるリノール酸をはじめ、ビタミンAやビタミンCを豊富に含んでいます。

アボカドはカロリーが高く(1個当たり平均で200kcal前後)、毎日1個ずつ食べていると太る原因となってしまうので注意しましょう。1日の摂取目安量は2分の1個です。

アーモンド

美容のために間食をナッツにしている、というモデルの美容方法を耳にしたことはありませんか?ナッツの中でもアーモンドは美容効果が高く、アンチエイジング効果が期待できるビタミンEが豊富です。

それだけでなく、乾燥から肌を守るオレイン酸も含まれています。ナッツ類はアボカド同様カロリーが高いので摂取量に注意しましょう。1日10粒程度が目安です。

納豆

日本の食卓に欠かせない納豆は、実は美肌を目指す上で一押しのスーパーフード。肌の潤いに欠かせないなたんぱく質を含むほか、ビタミンB2やビタミンEが肌の代謝をサポートしてくれます。

納豆の素晴らしいところは、ミネラルの一種である亜鉛を含んでいることです。ターンオーバーが乱れがちな肌を健康に導き、水分が逃げにくい土台作りに役立ちます。

まとめ

様々な悩みにつながる肌の乾燥は、原因が複雑で改善には努力が欠かせません。「年齢のせいもあるから、諦めよう」と思わず、できることから始めることが潤い肌を手に入れる秘訣です。

どんな環境にも負けない潤いに満ちあふれた肌を手に入れて、周囲と差をつけてしまいましょう!今乾燥対策を行っておけば5年後、10年後に「やっててよかった」と思えるはずです。