ほうれい線に効く化粧品おすすめ口コミランキング

ほうれい線に効く化粧品おすすめ口コミランキング

人の見た目年齢を大きく左右するほうれい線は、30代後半から出やすく女性の大きな悩みのひとつです。予防や改善を毎日のスキンケアでできればいいのに、と思いませんか?

ほうれい線に効く化粧品を選ぶには悩みに合った成分を配合されているかチェックする必要があります。正しくスキンケアをして、ほうれい線を改善する習慣をあわせて実践してみましょう!

ほうれい線の原因と改善する方法とは?

できることなら、消したい!と感じるほうれい線は、どのような原因が隠されているのでしょうか。改善方法とともに解説していきます。

ほうれい線の原因

見た目年齢を5~10歳も引き上げてしまうほうれい線は、さまざまな原因が考えられます。30代後半でほうれい線が気になる場合は、ハリの低下と乾燥が主な原因です。

肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンは20歳を過ぎると徐々に減っていきますが、30代に入ると目に見える変化が出てきます。口周りの肌弾力が無くなると重力に勝てなくなり、ほうれい線となって現れてしまうのです。

ほうれい線を改善する方法

肌のハリと水分不足が原因で現れてしまうほうれい線は、毎日のスキンケアでどんな化粧品を使うかがカギとなります。日常的に乾燥する環境で仕事をすることが多いのであれば、最優先事項は保湿することです。

肌の乾燥は見た目に大きく響きますので、たっぷり保湿することは基本中の基本。保湿して肌水分をキープしながら、ハリを呼び覚ます活性化成分を美容液などで取り入れるのが理想のスキンケアです。

ケアの効果をより高めるなら軽いリンパマッサージもおすすめできます。顔のむくみをとってすっきりさせることで、ほうれい線が目立ちにくい肌にすることが可能です。

ほうれい線に効く化粧品の選び方

原因が複雑なほうれい線をスキンケアで対策するには、どんな化粧品を選ぶべきなのでしょうか。肌のハリを取り戻すアプローチできるものに焦点を当ててみましょう。

化粧水でビタミン補給

重力に負けてしまいたるんでしまう肌は、ハリを呼び覚ますために活性化が必要です。弾力を保つコラーゲンを生産する能力をサポートするため、化粧水でビタミンC誘導体を取り入れるといいでしょう。ビタミンC誘導体は肌の元気を取り戻すと同時にくすみや色素沈着など、美白ケアを行うことも可能な万能成分です。

うるおい成分にこだわる!

もし日頃から乾燥が気になるなら、化粧品に含まれるうるおい成分をチェックしてみてください。エアコンが効いた過酷な環境にさらされる女性に愛されているのはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分です。

特に「ヒト型セラミド」と呼ばれる成分は肌のうるおいを保ってくれます。化粧品成分表には「セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAP」などと表記されるのでチェックしてみましょう。

頑固なほうれい線には「レチノール」を

乾燥対策をしっかり行って肌水分が適切に保たれているのにほうれい線が改善されない…そんな場合はレチノールという成分を含んだ化粧品を選びましょう。これはビタミンAの一種で、ハリを作り出すサポートをしてくれるものです。

ハリをサポートするだけでなくターンオーバーを促進することもできますので、エイジングケア成分として注目を浴びています。

ターンオーバー促進効果があるため、皮膚の薄い場所に使用してしまうと角質が薄くなる働きで刺激を感じてしまう可能性がある成分です。そのためほうれい線をピンポイントでケアしやすい美容液などで取り入れると肌の赤み・トラブルなどを未然に防ぐことができます。

ほうれい線に効く化粧品の使い方

対策のためにスキンケアを揃えたら、正しい使い方をして効果実感を高める必要があります。年齢による変化が気になる肌にはどのような使用方法が有効なのでしょうか。

角質対策と一緒に行う

ほうれい線をケアする化粧品の効果をより実感しやすくするためには、角質ケアを確実に行っておく必要があります。20代後半から肌に余計な角質がたまりやすくなりますが、これを放置してしまうと化粧品の有効成分が浸透しにくくなってしまうのです。

角質をやわらかくするAHA配合のパックや洗浄剤を週1回ほど取り入れ、化粧品成分が浸透しやすい肌の土台を作るようにしてみましょう。ピーリング剤がヒリヒリしてしまう敏感肌は、代わりに酵素洗顔料をおすすめします。

酵素は肌にこびりついて落ちなくなったタンパク汚れを落とす効果があり、皮脂と混じって硬くなった肌表面をやわらかくしてくれる成分です。角質を柔軟に保つことで化粧品の浸透が高まります。

短時間のコットンパックがおすすめ

有効成分を確実に肌に届けるには、1分程度のコットンパックをおすすめします。ほうれい線に沿いやすい形にカットしたコットンに化粧水をしみ込ませ、1分間パックを行いましょう。

手指でつけるよりもコットンを使用するとより浸透しやすくなります。コットンパックは長い時間行ってしまうと角質をふやかしてしまい、水分が逃げやすい肌を作ってしまうので短時間で済ませてしまって大丈夫です。

パックが終わってコットンを外したら、肌に残った化粧水をなじませてから美容液やクリームを塗ってください。パック後そのままの状態で放置してしまうと肌の水分が逃げてしまうので、すみやかに油分を補給してうるおいを逃さないようにしましょう。

下から上に引き上げるように塗るのがポイント

美容液やクリームなどこってりしたテクスチャーの化粧品を塗る場合は、指先でほうれい線に塗りこむように使用します。ここで注意したいのが肌に塗る方向です。口元から小鼻に向かって、小さならせんを描きながら下から上に塗り込むようにしましょう。

そうすることでほうれい線の内側までムラなく塗ることができます。下向きに塗ってしまうとたるみを助長させてしまうことにもつながりますので、下から塗ることを基本と覚えておいてください。

ほうれい線に効く化粧品おすすめ口コミランキング

ほうれい線を早く・効果的に改善する習慣

スキンケアの効果を高めるために忘れてはいけないのが、毎日の習慣を見直すことです。せっかく有効成分を肌に届けても、ほうれい線を作り出してしまう生活習慣を続けていると効果が得られなくなってしまいます。モデルや女優も実践している、効果的にほうれい線を改善していく美の習慣を紹介していきましょう。

首・肩のコリケアをする

仕事に家事に育児…女性の日常はコリとの戦いです。首や肩に疲れを慢性的にためてしまうと、リンパの流れが悪くなってしまいむくみを引き起こします。

肌をたるんだ印象に見せてしまうことに加え、老廃物が滞ることで肌老化を早めてしまうので日頃の努力で取り除いておきたいものです。1日5分間だけ首周りをストレッチするだけでも効果がありますので、休憩や寝る前のすき間時間に取り入れてみてください。

姿勢の改善でたるみ防止

顔のたるみと姿勢って深い関係があるのをご存知ですか?猫背になり下を向く状態になると、顔周りの皮膚が重力に引っ張られてたるませてしまう原因になります。毎日積み重なるとほうれい線が深く刻まれてしまうことも!

パソコンやスマホの使用時間が長い方は姿勢に注意してみてください。前かがみになってしまう癖があると自覚しているなら、肩甲骨周りを重点的にストレッチしましょう。

姿勢の改善に効果が期待でき、肩こりの解消にも一役買ってくれます。筋膜リリースや肩甲骨はがしといったストレッチメソッドが動画や書籍で気軽にチェックできますので、できる範囲でストレッチを始めてみましょう。

温活で細胞を元気に

忙しい毎日、運動やスキンケアを完璧にこなすのはとても難しいことです。誰でも簡単にできる美容方法として最近注目を集めているのが「温活」。体を中から温めて巡りを良くして肌代謝を高める目的があります。

しょうがやスパイスが入ったスープなど食品で体を温め、普段は特殊繊維の靴下やアンダーウェアで冷やさないように努力しましょう。冷えがひどいようならカイロやよもぎパッドを活用して血流をアップさせるようにしてみてください。

まとめ

見た目年齢を引き上げてしまう「ほうれい線」は30代女性の肌悩みとして多くの人がコンプレックスを抱えています。

正しい化粧品選びやちょっとしたスキンケアの工夫をすることで、少しずつ改善しほうれい線が深くなってしまうことを防げるでしょう。改善させる生活習慣を同時に行えば、美肌への近道となります!

鏡をみてほうれい線に気づいた瞬間に決して諦めないでください。今から始めれば努力した分だけ肌は応えてくれ、5年後10年後に周囲との差がつきます。「あの時やっておいてよかった」と思えるように、スキンケアや生活習慣を見直してみましょう。