イビサクリームの口コミ・効果&体験談!黒ずみへの効果が評判だったので体験レビュー書いてみました!

評価
イビサクリーム 保湿力 美白ケア 成分配合量
◎ ◎ ◎
使い心地 コスパ 満足度
◎ ○ ◎
イビサクリーム

\クレカ払いなら初回さらに500円引き!/

イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性に向けて開発された、黒ずみ改善クリームです。

アンダーヘアのケアは今や海外ではもう常識となっていますが、最近ようやく日本でも、浸透してきています。ブラジリアンワックスなどでビキニラインの気になるアンダーヘアの脱毛をする女性が増えてきているのです。

しかし、日本では脱毛自体をする人は増えても、デリケートゾーンの「黒ずみ」にまで気を使っている人は少ないのが現状です。デリケートゾーンは普通に生活していれば特に目立つものではありませんが、下着や水着になった時には黒ずみがわかってしまいます。

デリケートゾーンにコンプレックスを持つ人の中には、せっかく脱毛をしても黒ずみが気になるから、友達にプールに誘われたけれど断ってしまった、という人や、彼氏に見られたら引かれてしまったり、遊んでいると思われたりするのではないか……という悩みを持つ人も多いようです。

海外ではデリケートゾーンの美白ケアも当たり前の文化として広がっていますが、日本では上記のように悩みを持つ人がいながらも、ケアをしていない人がまだまだ多くいます。それはなぜでしょうか。

原因のひとつとしては、ケアの方法がわからない、ということにあるのかもしれません。日本の女性は、ケアはしていないものの、デリケートゾーンの黒ずみを気にしている人は割とたくさんいるのです。その多くが、悩みではあるけれどどうやってケアしたらいいのかわからない、という理由から、ケアができていないものと考えられます。

イビサクリームは、そんな女性の悩みを解決すべく開発された画期的な商品です。ここでは、「イビサクリーム」に配合されている成分が、どのようにデリケートゾーンの美白につながるのかということや、使い心地などを紹介していきます。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

イビサクリームは楽天・amazon・公式(通販)サイトなどの価格で最安値を比較してみました!

イビサクリームはどこで手に入るのでしょうか。ネットショップからドラッグストアまで、あらゆるお店をリサーチしてみました。

公式サイト 4470円~7000円
楽天
amazon
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

イビサクリームの取り扱いを調べてみたところ、公式サイト以外での販売情報は確認できませんでした。残念ながら、ネットショップや薬局などでは取り扱っていないようです。ですので、購入したいと思った時は公式サイトを見てみるといいでしょう。

公式サイトは、通常価格7000円での販売となっています。これでは少し高いし、続けにくいかも……と思った人も、心配ありません。これはあくまで単品の価格です。公式サイトでは継続することによって割引価格で商品を手に入れることができます。

2回以上継続の必要はありますが、「定期コース」に申し込むと、30%オフの4970円で購入することが可能です。さらに、クレジットカードでの支払いならさらに500円割引の4470円になるので、お得なコースとなっています。

2回以上の契約が原則ですが、3回目以降であれば、特に制限はありません。連絡をすればすぐに解約ができるので、安心して申し込んでみてください。

イビサクリームはこんな女性におすすめ

  • デリケートゾーンがコンプレックスで水着を着られない女性
  • デリケートゾーンの黒ずみのせいで「遊んでいる」と思われそうで男性になかなかアプローチできない女性
  • 効率的に全身の黒ずみケアをしたいと考えている女性
  • できれば毎日デリケートゾーンをケアしたい女性
  • デリケートゾーンを脱毛したけれどケアの仕方がわからない女性

イビサクリームで「デリケートゾーンの黒ずみ改善」の働きが期待できる理由

ただ「効果が期待出来る」と言われても、本当なのか不安になってしまいますよね。黒ずみクリームなどはお肌に塗るものだから、なるべくならしっかりとその根拠を理解しておきたいものです。では、イビサクリームは、どうしてお肌に効果的なのでしょうか。イビサクリームは、シミや黒ずみができる原因にしっかりと目を向けて、根本から改善へ導くことができるように作られています。

メラニンの生成を抑える

黒ずみやシミなどの原因は、「メラニン」によるものがほとんどです。紫外線などを受けると皮膚が「メラノサイト」という部分にメラニン生成を命令します。そこでメラニンが作られると皮膚に送られて色素が沈着し、黒ずんでしまうのです。「イビサクリーム」には、メラノサイトへメラニン生成の命令を伝える因子を抑制する働きがあるため、メラニン生成を未然に防ぐ働きが期待できます。

肌のターンオーバーを促進

健康的な肌のためには、ターンオーバーがしっかり行われることが大切です。そうすれば肌の代謝が上がり、古い角質などがきちんと排出されるので、角質がたまらず、シミや黒ずみになりにくくなります。ターンオーバーがきちんと行われることで肌のサイクルも正常に戻るので、様々な肌トラブルも改善する効果が期待できるのというわけなのです。

しっかりと潤いを与える

黒ずみを抑えるためには、保湿も重要なポイントとなります。乾燥するとお肌に潤いが少なくなっているので、少しの刺激でも肌は摩擦してしまうのです。メラニンは摩擦を受けることでも作り出されてしまうので、しっかり保湿して肌を丈夫に保つように心がけなければなりません。イビサクリームには、高い保湿力や保水力を持つ成分が実に8種類も配合されているので、メラニンを生成させにくくなるのです。

イビサクリーム&ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを徹底比較!!

項目 イビサクリーム ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
保湿力 ★★★★★5 ★★★★★3
成分評価 ★★★★★5 ★★★★4
使い心地 ★★★★★5 ★★★★4
コスパ ★★★★4 ★★★★4
満足度 ★★★★★5 ★★★★4
価格 4470円(2回継続が必要) 4250円(2回継続が必要)

デリケートゾーンの黒ずみのケアなんて初めてで、どんな商品を試したらいいのかわからない、という人も多いと思います。確かに、探してみてもデリケートゾーンケアアイテムはいくつもありますし、悩んでしまうのも無理はありません。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームとイビサクリームはどちらもコンパクトなパッケージで、持ち歩きしやすいのが特徴です。さらにどちらの商品にも、色素沈着や、お肌を保湿する効果がある成分が配合されています。無添加なのも安心して使える大きなポイントです。

また、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、4種類の保湿成分と4種類の美白成分を配合しています。

大きさの違うヒアルロン酸などを配合することで、肌への浸透力が高く、効率的に肌を潤わせる働きをしてくれるのです。しかし配合されている成分量としては少なめなのが気になります。

イビサクリームは、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームと同様に肌への刺激や乾燥対策に重きを置いて作られています。しかしその配合成分は非常に多く、実に14種類もあるのです。

メラニン生成を抑えたりターンオーバーを促進してくれたりする有効成分をはじめとして、植物由来成分や高保湿成分も多数配合しているので、高い保湿効果が期待できます。

価格を見てみると、どちらも通常価格は7000円です。定期コースにするとハーバルラビットナチュラルゲルクリームは4750円、クレジットカード払いで4250円と、イビサクリームよりわずかに安くなっています。しかし、微々たる差ですので、長く続けるならば有効成分が数多く含まれているイビサクリームの方がおすすめです。

デリケートゾーン以外にも使える

「デリケートゾーン」のクリームで7000円だと、少し割高だと感じてしまいませんか?そもそもデリケートゾーンのケアなんて初めてだし、たくさん使うかもわからないし、それなら他のところにも使えたらいいのに……なんて思う人もいると思いことでしょう。

安心してください。イビサクリームは、確かにデリケートゾーンの黒ずみに向けて開発された商品ではありますが、デリケートゾーン「限定」ということではありません。というのも、黒ずみの原因というものは、部位によって変わるものではないからです。

つまり、デリケートゾーンの黒ずみに使えるものが、他の黒ずみに作用しない、ということはありません。イビサクリームは、デリケートゾーン以外にも、体の気になる部位の黒ずみに対して使うことも可能です。

例えば、乳首やワキ部分、ビキニラインや膝、くるぶしなどには黒ずみができやすいので、気にしている人も多いと思います。足などの日常生活で見える部分などに黒ずみがあると、コンプレックスになってしまいますよね。「イビサクリーム」はこれらの各部分の黒ずみにもきちんと働き、黒ずみを改善してくれる効果が期待できるのです。

このように、「体の他の部分にも使いたい!」という人のために、イビサクリームには、たくさん使えるように2本セットの定期コースも用意されています。価格はなんと2本で8800円です。通常価格が1本7000円ということを考えると、驚くほどお得ですよね。

オールシーズン使える

デリケートゾーンのケアは、主に水着の機会が増える夏にはしっかり行う人もいるでしょう。ですが、冬場どうしていますか?薄着になる機会もないからと、そのまま机の引き出しにしまっているようでは、もったいないですよ。

例えば冬になったとしても、女友達と温泉に行ったりする機会もあるでしょう。みんなで仲良く入浴、という時に肌が黒ずんでいては、たとえ友人は気にしなくても、自身の気分が盛り下がり、恥ずかしくなって、せっかくのプランも楽しめないなんてことになりかねません。

紫外線が少なくなる冬でも、日常のささいな肌刺激から、体はメラニンの生成進めてしまうことがあります。ということは、継続的に黒ずみのケアをしておかないと、一度改善されたとしても、また起こってしまうことも十分にあり得るのです。また、冬場は紫外線が少ないですが、非常に乾燥する季節でもあります。乾燥によるメラニン生成を抑えるためにも、保湿ケアは非常に重要なのです。

イビサクリームは、夏でも冬でも関係なく、さらに言えば季節問わず、いつでも使うことができます。しっかり毎日ケアしておくことで、いつでもきれいなデリケートゾーンを保つことができるのです。

また、イビサクリームはどんな時も使いやすいよう、そのパッケージもコンパクトに仕上がっています。そのため、持ち歩きにも非常に便利なのです。カバンの中に入れてもかさばらないので、外出先でお手洗いのついでなどにサッと持ち出して使うことができます。

「黒ずみ」ケア商品とわからない梱包

ここまで読んでイビサクリームを買いたくなった、という人もいるのではないでしょうか。しかし、手元に届くまでには大きな難関があります。

イビサクリームはデリケートゾーンに使うものだし、一人暮らしじゃないと注文しづらい……という人も多いことでしょう。

例えば家族と暮らしている場合、自分の不在時などに親や兄弟が受け取ってあなたが何を注文したのかバレてしまったら、ものすごく恥ずかしいですよね。家族も少し気まずくなってしまうかもしれません。

また、彼氏と同棲などをしている場合も同様です。あなたがデリケートゾーンの黒ずみを気にしていると知ったら、変な気を使わせてしまうかもしれません。

通販のいいところは、店員さんの目を気にせずにコンプレックス改善のためのボディケア商品を買うことができる点ですが、身内や恋人に発覚してしまうという難点があるのです。

しかし、イビサクリームなら購入者の気持ちを第一に考えているので、お届けの際にも購入者が安心して受け取れるような発送方法を取っています。具体的に言えば、商品の梱包時には品名を明記せず、何が入っているのか開けた本人にしかわからないように配慮しているのです。

こうすることで、家族や恋人などの同居人はもちろん、配送する業者の人にも中身が分からないので、たとえ自分が受け取った時に恥ずかしい思いをする、ということもありません。

イビサクリームが配送時のプライバシー保護にきちんと配慮していることを理解し、安心だということがわかったなら、ぐっと頼みやすくなることでしょう。

イビサクリームの使い方

イビサクリームは、メラニンによる毛穴の黒ずみを防いでくれる作用があります。また、ターンオーバーを促進して、肌をきれいに美白してくれる働きも併せ持つ医薬部外品です。しかし、使用法を誤れば、正しい働きが得られなくなることもありますので、注意して使うようにしましょう。

イビサクリームは、基本的に肌に塗るだけでOKです。塗り方としては、朝晩に1回ずつ、1日2回を目安に使うようにしてください。少ないとあまり効果が得られない可能性がありますので、毎日塗る時間を決めて、使うようにすると忘れずに済むでしょう。

塗り方ですが、チューブ状になっているパッケージを押して、中のクリームを手のひらに出します。量としては、1円玉くらいの大きさが適量とされています。強く押して出しすぎないように気をつけてください。それをまず両手でこすってなじませたら、黒ずみが気になるデリケートゾーンなどに塗り込んでいきましょう。作業はたったこれだけです。

簡単に使えるイビサクリームですが、注意点もあります。肌にのせて塗るときは、力を入れすぎないように気をつけてください。肌はデリケートなものなので、あまり強くこすりすぎると傷んでしまいます。そうなると肌が刺激を受けるため、よりメラニンの生成が促されて逆効果になる可能性もあるのです。

塗るときには、優しく、肌を軽くマッサージするくらいの力で大丈夫なので、しっかり浸透させることを第一に考えるようにしましょう。

イビサクリームに使われているおすすめの成分について

イビサクリームは、高い保湿力とメラニン抑制作用、抗炎症成分などの働きによって肌のトラブルを和らげながら保湿し、黒ずみを抑えてくれる効果が期待できる商品です。このクリームに含まれる成分は非常に多いのですが、実際にはどのような成分が配合されているのでしょうか。働きや作用と共に、どのようなものに含まれているのかも併せて紹介します。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、メラニン生成を促すメラノサイト刺激因子を抑制する働きを持っています。さらには美白効果も高いので、黒ずみを抑制して薄くしてくれる作用が期待できるのです。主に美白のための薬や、風邪薬などにも配合されていることが多いようです。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸とは、カンゾウというマメ科の植物から採れる成分です。抗炎症作用が期待できるので、肌荒れなどの症状を緩和してくれる効果が期待できます。また、肌の調子も整えてくれるので、美肌のためには欠かせない成分と言えるでしょう。

サクラ葉抽出液

サクラ葉抽出液はその名の通り、桜の葉っぱから採った成分です。主にエイジングケアの化粧品や、育毛関連の商品に含まれていることが多いようです。メラニンの生成抑制や、保湿や抗炎症作用、肌荒れ防止に効果的な成分です。

カモミラエキス

カモミラエキスは、紅茶などにも使われる「カモミール」というハーブから抽出されたエキスのことです。肌に優しく働き、炎症を抑制したり、保湿したりする作用があるとされています。また、化粧品にも多く使用されている成分です。

ダイズエキス

ダイズエキスも名前の通り、ダイズから採れる成分です。これも化粧品に多く使われますが、メラニン生成の抑制効果も高いとされています。また、ダイズエキスにはイソフラボンが含まれていますが、これは女性の体に良く作用し、更年期障害を緩和し、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分の合成を促進してくれる働きもあります。

オウゴンエキス

「オウゴン」とは、シソ科のコガネバナという植物の根の周辺の皮を除去して乾燥させて作られた生薬のことです。オウゴンエキスはそこから抽出された成分のことを指します。抗炎症作用や保湿作用があるとして、主に女性用の育毛剤などに含まれる成分です。

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは、高い保水・保湿成分を持つ成分として、非常に多くの化粧品に使用されています。1グラムで約6リットルという量の水を吸着するので、しっかりと肌に水分を保ってくれる働きをしてくれるのです。

シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲ多糖体とは、シロキクラゲという種類のキノコから抽出される成分で、なんと自分の480倍という驚きの保水力を持っています。これは、高保水成分であるヒアルロン酸よりもさらに高いということになります。

乳酸ナトリウム

乳酸ナトリウムは、高い保湿作用と抗菌作用を持つ成分です。主に保湿を目的とした化粧品に多く含まれています。水とよくなじみ、水分を止めてくれる力も持っているため、肌への保湿や保水に適した成分なのです。

ローズ水

ローズ水とはその名の通り、バラから採れる水のことを指します。バラには高い殺菌効果もありますが、そこから採れたこの水も同様です。さらには保湿力や美容成分が含まれているので、化粧水などにも多く含まれています。

BG

BGとは「ブチレングリコール」とも呼ばれる成分です。その働きとしては、主に保湿を促して、乾燥を防いでくれることが挙げられます。BGの触り心地はさらっとしているので、化粧水などの肌に使う化粧品に含まれています。

1.2-ペンタルジオール

1.2-ペンタルジオールは、保湿、抗菌力に優れた成分です。主にスキンケアに使う化粧水や乳液などに含まれています。触り心地をよくするための「感触剤」としても使われることが多く、ジェル化粧品などにも配合されることが多いようです。

グリセリン

グリセリンは、自分で化粧水を作る人などには馴染みのある成分なのではないでしょうか。保湿力が高く、数多くの化粧品に含まれています。もともと人の体の中にも存在する成分なので、肌への刺激も少ないので安心して使うことができるのです。

1.2-ヘキサンジオール

1.2-ヘキサンジオールとは、二価のアルコールに分類される成分です。肌に使っても刺激が少ないので、保湿剤として、化粧品などに含まれています。また、保湿だけでなく、抗菌性が高く、肌への殺菌作用も期待できます。

イビサクリームは、メラニンの生成を抑制する作用や、高い保湿力で乾燥を防いで黒ずみを改善させる効果があることを紹介しました。毎日しっかり使っていけば、気になるデリケートゾーンの黒ずみの解消も期待できるので、ぜひ使ってみてください。

イビサクリームを試してみたい方は公式サイトへ!

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム