いい香りの化粧品おすすめ口コミランキング

スキンケアの時にいい香りがすると、忙しい日常を忘れてリラックスすることができます。化粧品は肌をうるおし美しくするだけでなく、気持ちへの作用も大きいものです。

いい香りの化粧品でどのようなプラス効果が得られるのか、どんな基準で選べばいいのか解説していきましょう!

いい香りの化粧品で得られるプラス効果

気持ちがほぐれるいい香りの化粧品は、忙しい現代女性の強い味方です。具体的にどのような効果があるのでしょうか?

ストレスの軽減

いい香りの化粧品は嗅覚が感じ取って脳に伝達されると、抱えているストレスを軽減することができます。過剰なストレスは疲労物質をためる原因となり、肌の調子を不安定にさせてしまうため毎日のケアが必要です。

肌をうるおす瞬間にいい香りがただようと、嫌なことがあっても気持ちをリフレッシュさせることができます。アロマオイルや線香を焚くのは少々手間ですが、化粧品でいい香りを楽しむのは手軽で毎日続けられるため気持ちのケアにぴったりです。

安眠効果

顔に塗る化粧品は、嗅覚にダイレクトに作用します。神経を落ち着かせ興奮を抑えるタイプの香りが入っている化粧品を使えば、安眠効果を得ることができるのです。

子供やペットがいる家庭では自由にアロマを焚けないため「落ち着いて寝たいけどアロマが楽しめない…」と香りの楽しみを諦めていませんか?ほのかに香る程度の化粧品なら、こっそりアロマを楽しむことができます。

血行促進

香りのリラックス効果で緊張していた神経が緩むと、血管が開き滞っていた血流がアップします。血流がアップすると肌の新陳代謝が上がり健康的な肌細胞の生まれ変わりをサポートすることが可能です。

肩こりや冷えを抱えている女性でも、毎日のケアに香りを取り入れるだけで身体が軽くなります。間接的な効果ではあるもののリラックスできる香りでスキンケアすることは、女性の肌や身体の悩みを解決してくれる力があるのです。

いい香りの化粧品の選び方

リラックスできる香りは女性に嬉しい効果を発揮しますが、いざ購入しようと思っても選び方が分からず戸惑ってしまいます。どうすれば自分にぴったりのいい香りの化粧品が見つかるのか、3つのポイントを解説しましょう!

目的で選ぶ

「いい香り」と表現しても、香りの種類は様々です。質の良い香りがする化粧品は天然の精油をブレンドしてあることがほとんどで、ハーブの種類によって効果が変わるため目的に合わせて選ぶようにしましょう。

ミントやハッカなどメントール成分が入っている化粧品は脳の血流をアップさせ、しゃきっと目覚めさせる効果があります。朝に使うと効果的ですが目が冴えるため寝る前のリラックスタイムにはやや不向きです。

ラベンダーやオレンジ系のハーブは神経を落ち着かせ穏やかにする作用があります。忙しかった1日の終わりに使うと眠りを深くする効果があるため、夜の使用がおすすめです。

このように目的に合わせて選ぶことがいい香りの化粧品を選ぶコツのひとつ。どんなシーンでどう使いたいのか思い描いてから化粧品を購入すると、失敗がありません。

肌へのやさしさで選ぶ

いい香りの化粧品はリラックスできるメリットがありますが、肌質によっては刺激に感じてしまうことがあるので注意しましょう。香料が天然なのか人工なのかに関わらず、香り成分と自分の肌の相性を見極めてください。

敏感肌の方や、今まで化粧品の利用でかぶれなどを起こした経験がある方はテスターやミニサイズでお試しすることをおすすめします。

香りの強さに注意!

いい香りの化粧品はメーカーやブランドによって強さ・持続力が違います。特に外資系のブランドは欧米市場向けに香りが強めに作られていることが多く、「思っていたより香りが強かった」と感じることが多いのです。

いくらいい香りの化粧品でも、強すぎるとリラックスどころではありません。強すぎる香りは不快感につながってしまうため、やさしく香る化粧品を選ぶようにしましょう。

まとめ

いい香りの化粧品は忙しい毎日を送る女性の気持ちをほぐし、ストレスを取り除いてくれる優秀なアイテムです。目的に合わせて香りの種類を選ぶと悩みが解消され、スキンケアの質をアップさせることができます。

わずかなスキンケアタイムでも、一瞬ほっとする時間ができるだけでもうれしいもの。気持ちがほぐれると自然に身体も軽くなり、毎日の生活がもっと充実します。いい香りの化粧品を使いこなしてスキンケアタイムを楽しみましょう!