葛の花減脂粒の口コミ&効果!お腹の脂肪を減らす脂肪対策サプリメント

評価
葛の花減脂粒 脂肪対策 安全性 成分配合量
◎ ◎ ○
飲みやすさ コスパ 満足度
○ ▲ ◎
葛の花減脂粒

葛の花減脂粒は、体脂肪を減らす働きをサポートする葛の花を配合し、効率的なダイエットを叶えるためのサプリメントです。

体についた脂肪ってなかなか落ちませんよね。食事制限をするのもきちんと痩せられるまでは我慢が大変ですし、運動をして脂肪を燃焼させようとしても、すぐに効果が出るものでもないのがダイエットの辛いところです。

なかなか痩せられないジレンマから、挫折したり、過食に走ってリバウンドしてしまったりと、ストレスのたまるダイエットは心身ともに悪影響となります。

実際に、このような悩みや願いを持っている人も多いのではないでしょうか?

  • 年齢とともに痩せにくい体になってきた
  • ポッコリとしたお腹が恥ずかしい
  • 女性らしく、くびれのある綺麗な体になりたい
  • ダイエットサプリは色々試したが、成功したことがない
  • 健康診断での内臓脂肪の値が気になる

女性なら誰しもくびれのある綺麗なスタイルになりたいと憧れるものですが、我慢やハードな運動など、辛い方法はなるべく取りたくないですよね。ということで今回は、脂肪を減少させる効果の期待できる「葛の花」を配合したサプリメントを紹介します。

実際に使用した人のレビューや、実際に含まれている成分、期待できる効果などを紹介していくので、参考にしてみてください。

葛の花減脂粒の最安値を楽天・amazon・公式(通販)サイトなどの価格で比較してみました!

葛の花減脂粒のネット通販サイトやドラッグストア、薬局などでの取り扱いを調べてみました。

公式サイト 1480円~6480円
楽天
amazon
薬局
ドラッグストア
ドンキ(ドンキホーテ
ツルハ(ツルハドラッグ)
マツキヨ(マツモトキヨシ)

葛の花減脂粒は、Amazonや楽天、そして薬局やドラッグストアなどでの店頭販売はなく、公式サイトのみでの取り扱いとなります。

公式サイトでは、通常価格6480円となっていますが、スマート定期便という定期コースに申し込むと、初回はなんと77%オフの1480円と非常にお得です。

また、定期コースなら2回目以降も10%オフの5780円でずっと続けることができるのも大きな魅力となっています。

そして通販商品には、「○回以上の継続が原則」という縛りがあるものも多いですが、葛の花イソフラボンはこのような回数の縛りがないので、いつでも電話一本で休止できるのも特徴です。なので、まずは試してみたいという人にもおすすめできます。

葛の花減脂粒はこんな女性におすすめ

  • 若い頃より痩せにくくなり、お腹周りの脂肪が気になり始めてきた女性
  • 健康診断をした時に体重や内臓脂肪の増加があり、気にしている女性
  • いつまでも結果の出ないダイエットを続けるのに疲れてきた女性
  • ダイエットサプリは色々試したけれど、思うような効果が得られなかった女性
  • 最近は自分の体を見るのも、体重計に乗るのですら怖いという女性
  • お腹のぽっこりが気になって、友達と会うのも敬遠しがちな女性
  • 意志が弱く、ダイエットがなかなか長続きしないという女性

葛の花減脂粒で「ダイエット」の働きが期待できる理由

葛の花減脂粒で「ダイエット」の働きが期待できる理由は、4つあります。

体というのは、太るのは簡単なのに、痩せるとなると大変な労力がかかるものです。食事制限をしたり、運動をしたりとその方法は様々ですが、なかなか結果が出ないと嘆く人も多いといいます。

そんな時に葛の花減脂粒がおすすめなわけですが、どのような働きをしてくれるのでしょうか。

褐色脂肪細胞での燃焼を促進

人の体脂肪というのは、「白色脂肪細胞」とも呼ばれています。

食べ物から摂取して使われずに余った余分なカロリーは、この白色脂肪細胞に蓄積されて、体に必要なカロリーが足りなくなると、白色脂肪細胞が溜め込んだカロリーがエネルギー源として使用されます。

白色脂肪細胞は、肥満の人ほど多く存在しています。なぜなら、肥満の状態になると白色脂肪細胞が増えてしまうからです。

しかし、白色脂肪細胞に溜め込まれた脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されることもあります。褐色脂肪細胞は加齢とともに減ってしまいますが、働きを活性化させてあげれば、脂肪が燃焼されやすくなるのです。

葛の花減脂粒は、こうした褐色脂肪細胞の働きを助け、脂肪燃焼を活性化させてくれる働きがあります。

肝臓で脂肪の合成を抑制

毎日毎日、高カロリーな食品ばかりを食べている人も多いのではないでしょうか。太るとわかっていてもやめられないなら、まずはカロリーが脂肪に変わってしまうプロセスを知っておきましょう。

食事で過剰にカロリーを摂取すると、体の活動に使用されずに余ったエネルギーは肝臓に送られて脂肪に合成されてしまいます。これが蓄積することで肥満になってしまうわけです。

しかし、葛の花に含まれるイソフラボンは、このような余ったエネルギーが肝臓で脂肪となるのを防ぐ働きがあります。エネルギーが脂肪にならなければ、太りにくくなるという原理は頷けるでしょう。

このように肝臓で脂肪を作らせないので、葛の花に含まれるイソフラボンは脂肪燃焼に効果的と言われています。

白色脂肪での分解を促進

白色脂肪細胞、つまり体脂肪というのは、溜まってしまうと厄介なものです。体脂肪である白色脂肪細胞というのは褐色脂肪細胞とは真逆で、増えることはあっても減ることはないと言われています。

それなら一度太ってしまったらもう諦めるしかないのかと思う人もいると思いますが、そうとは限らないのです。

褐色脂肪細胞は、白色脂肪を分解する働きもあるので、蓄積されてしまった体脂肪をエネルギーとして燃焼しやすくしてくれと言われています。

ということは、褐色脂肪細胞の働きを活発にしてあげることができれば、白色脂肪細胞に積極的に働きかけて脂肪を燃焼し、痩せやすくなるというわけなのです。

そのため、ぽっこりお腹など脂肪が気になる人は、積極的に葛の花由来のイソフラボンを摂取するようにすることが大切なポイントとなっています。

1日分に葛の花イソフラボンを35mg凝縮

葛の花のイソフラボンを自力で摂取しようと思っても、なかなか難しいものです。そもそも葛の花なんてどこにあるのかわからないし、初めて「葛」という名前を聞いたという人も多いのではないでしょうか。

もし仮に自分の力で抽出し、摂取できたとしても、きちんと体に効果的に働いてくれる量を摂ることは至難の技です。

葛の花減脂粒なら、1日の摂取量目安が4粒とされていますが、そこに35mgもの葛の花イソフラボンが含まれています。

サプリメントで栄養を摂取する方が断然効率的ですし、手間も時間もかかりません。また、パッケージも口を閉じることができるので持ち運びもしやすく、いつでも飲むことができる手軽さも大きな魅力です。

葛の花減脂粒&葛の花減脂肪粒を徹底比較!!

項目 葛の花減脂粒 葛の花減脂肪粒
脂肪対策 ★★★★★5 ★★★★4
安全性 ★★★★★5 ★★★★4
成分配合量 ★★★★4 ★★★★★3
飲みやすさ ★★★★4 ★★★★4
コスパ ★★★★★3 ★★★★4
満足度 ★★★★★5 ★★★★4
価格 1480円(継続必要なし) 1850円(4回継続が必要)

葛の花の成分が体にいいことはわかったけれど、葛の花由来のイソフラボンを使った商品は意外とたくさんあるし、どれを選んだらいいのか正直よくわからない!と思っている人も多いのでは?

葛の花減脂肪粒と葛の花減脂粒はどちらも、葛の花由来のイソフラボンを使用しているので、褐色脂肪細胞の働きで脂肪を減らす効果が期待できる製品です。

また、どちらも機能性表示食品であり、GMP認定工場で生産されていることもあり、安全性の面でも信頼できます。

葛の花減脂肪粒は、葛の花の他に、鹿児島県産黒酢もろみ配合で豊富なアミノ酸も含まれているのが特長です。

黒酢もろみは、ひと壺の黒酢からほんの数百グラムしか採れないほど希少価値の高い成分で、米酢に含まれるアミノ酸と比べると、約50倍もの量のアミノ酸が含まれていると言います。

葛の花減脂粒は、葛の花以外にも黄金生姜や、5種類のビタミンを配合しています。脂肪燃焼だけでなく、内側からキレイな体を作るためにも役立つ商品なのです。

また、保存料や着色料も使用していないので、より安心して試すことができます。

葛の花減脂肪粒は、通常価格が3700円ですが、初回1850円で始めることができます。また、とくとく(毎月)コースに申し込めば、2回目以降も通常価格の20〜35%オフで続けられる点が魅力です。

葛の花減脂粒は通常かかく6480円ですが、定期コースに申し込めば初回はなんと77%いオフの1480円という破格で試すことができます。

2回目以降は通常価格の10%オフの5780円での継続となりますが、初めての商品ですし手軽に試したいなら、初回がお得な葛の花減脂粒が断然おすすめです。

保存料・着色料無添加

ダイエット商品にしろ美容の商品にしろ、女性なら色々試したくなってしまいますよね。でも、市場にはたくさんの商品がありますし、どれが一番いいのか、わからなくなってしまうこともあるでしょう。

色々試して費用がかさむのも嫌だし、できればお気に入りの商品をすぐに見つけたいですよね。では、商品選びにはどのようなことを重視していますか?

商品選びの際には効果や使用感などに効果が行きがちなものですが、体に入れるサプリメントの場合は特に、含まれている成分にも気を注意しましょう。

葛の花減脂粒には、葛の花由来のイソフラボンや、高知県産の黄金生姜由来成分、また5種類のビタミンが入っており、体を嬉しい効果へと導いてくれます。ビタミンに関しては、1日の摂取量4粒で、1日に必要な量の半分を補えるのも嬉しいポイントです。

しかし嬉しいのはそれだけではありません。葛の花減脂粒は、体にとってあまり良くない保存料や着色料などの添加物は使用していないので、健康を気にする人も安心して使用することができるでしょう。

最近は消費者の健康志向も高まっていますし、なるべく体に悪影響を及ぼすものは使わないようにしようという企業も増えています。こうした添加物が入っていない商品を選んでいくようにしてみてください。

GMP認定の国内生産で製造

サプリメントを使用する機会の多い人は、どのように商品を選んでいるのでしょうか。もちろん重視するのはその効果が一番で、次に安全性の高い成分を使っているか、という点だという人が多いように思います。

しかし、本当にそれだけで選んでいる人は、もう少し注意して商品の情報をチェックしてみてください。

サプリメントというのは、もちろん含まれている成分にも気を配るべきですが、その製造過程について考えている人は少ないのではないでしょうか。

成分は問題なくても、衛生管理に問題のある場所で作られていたりすると、体に何らかの害を及ぼす可能性もないとは言えません。何より、そのような状況で作られた商品を試したくはないですよね。

そんな消費者の不安を取り除くために、厚生労働省はGMPというものを定めているのです。これは、「Good Manufacturing Practice」の略称で、日本語にすると「適正製造規範」という意味の言葉になります。

葛の花減脂粒は、原材料の受け入れから製造・出荷に至る全過程で、製品が安全に作られて、一定の品質を保つことができるようにするための「製造工程管理基準」を満たしている工場で生産されているのです。

製造の段階でも安全性が認められているわけですから、消費者はより安心して商品を使うことができるでしょう。

機能性表示食品

商品を購入するとき、どのような効果があるのかなどの表現が曖昧だと、いまいち信ぴょう性にかけてしまうでしょう。入っている成分が細かく説明されていても、根拠のあるデータが存在するものだけではありません。

また、「本当に安全な商品なのか、パッケージを見ただけではわからないし、不安……」などという場合もあるでしょう。消費者もこれでは慎重になってあまり手を出せない、という人も多いと思います。

「機能性表示食品」というものは、その製品が健康の維持や増進に役立つという情報を表示することができる食品です。生産側は、消費者庁に届出を行って、受理された者にのみ「機能性表示食品」と名打つことができるのです。

機能性表示食品は、安全性の確保を前提に、科学的根拠に基づいた機能性を、事業者の責任として表示されます。販売側が情報提供をすることで、消費者側も誤った理解をすることなく、商品を購入することができると言われているのです。

買う前にきちんと安全性や機能を知ることができるのは、消費者側からしたら嬉しいポイントとなりますよね。

葛の花減脂粒は、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させるための働きを助ける機能が研究で確認されている成分を配合しているので、信頼できるサプリメントと言えるのです。

葛の花減脂粒の飲み方

葛の花減脂粒は体脂肪を燃焼させる働きをサポートして、効果的にダイエットができるように作られたサプリメントです。しかし、使い方次第では、十分な効果を得ることができない場合もあるので、注意しましょう。

葛の花減脂粒は、1日に4粒を飲むのが適量のようです。もちろんこれは目安で、サプリメントは医薬品ではないので、これより少なくても多くてもダメというわけではありません。

しかし、体に効果的に働かせるために摂取量の基準を設けているわけなので、なるべく目安の量を守るようにしてください。

また、サプリメントを飲んだからといって、すぐに効果が現れるわけではありません。公式サイトでは、続ける期間は決まっていないが、3か月は継続してほしいと書かれているので、これも目安にしてみるといいでしょう。

葛の花減脂粒に使われているおすすめの成分について

葛の花減脂粒に使われている葛の花というのは、根の部分が漢方の葛根湯
に使われる植物でもあり、昔から健康を支えるために重要な役割を果たす和漢植物とされているのです。

さらに葛の花減脂粒には、葛の花の成分以外にも、美容や健康に役立つと言われる多数の成分が含まれているので、ここではそんな有効成分を紹介していきます。

葛の花イソフラボン

その名の通り、葛の花から採れるイソフラボンです。イソフラボンは女性ホルモンと似た構造をしているため、体内でも似たような働きをしてくれる成分です。このようにただでさえ女性の体に良く作用する成分なのに、さらにすごい働きもあります。

葛といえば、主に根の部分が薬や食品などに使用されていました。しかし近年、葛の花の部分にも、内臓脂肪や皮下脂肪を抑えたり、分解したり、燃やしたりする作用があることが研究でわかったのです。

黄金生姜

生姜といえば、体を温めたりするために効果的な食材として知られています。料理に入れることで独特の風味も楽しむことができるので、生姜好きな女性も多いと言われています。

では、通常の生姜と黄金生姜とは何が違うのでしょうか?黄金生姜は、通常の生姜よりも辛味や香りが4倍もあると言われています。また、生姜特有の香り成分「ショウガオール」や、辛味成分の「ジンゲロール」という成分も通常の生姜よりも多いようです。

ショウガオールには、血行促進、抗酸化作用、肩こり解消作用などがあります。また、ジンゲロールには、冷え性改善、免疫力向上、頭痛・吐き気の抑制作用などが期待できるのです。

ビタミンB1

水溶性ビタミンの一種であるビタミンB1は、皮膚や粘膜の健康を維持したり、糖質からエネルギーを作り出したりする働きがあり、人の体にとってなくてはならない成分とされています。

人間の体の中でも重要な器官である脳は、糖質を栄養源として活動しているので、ビタミンB1は脳神経系が正常な働きをするためにも欠かせないのです。

主に豚肉やレバー、穀物の胚芽部分や豆類などに豊富に含まれています。ですので、ご飯を食べる際には白米よりも、精白されていない玄米などの方がおすすめです。

ビタミンB2

ビタミンB2は、脂肪燃焼やエネルギー代謝、細胞の新陳代謝を促すなど、人間の体において重要な役割を担っています。

また、健康な髪や皮膚、爪を作ったりするためにも欠かせない成分なので、積極的に摂取することで子供の発育や美容に大きな働きをもたらすでしょう。

ビタミンB2は、豚肉などの動物性の食品に豊富に含まれていますが、それ以外では大豆などにも多い成分です。加工の段階で菌がビタミンB2を増やしてくれるので、大豆製品なら納豆を積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、体内でタンパク質の合成や分解をサポートするので、皮膚や粘膜などを健全な状態に保つためには有効な成分です。

また、肉体への作用以外にも神経伝達物質の合成にも関与するので、精神状態を安定させるためにも一役買ってくれます。

女性の悩みに多いホルモンバランスの乱れも改善して、きちんと整えてくれるので、女性は特に摂るべき成分と言えるでしょう。

ビタミンB6は魚や肉など、動物性の食品に多いですが、豆類や穀物などにも豊富に含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは、美肌のためには欠かせない成分として多くの化粧品などにも含まれている成分です。

皮膚や粘膜の健康を維持し、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも欠かせないものとされています。

また、美肌のためによく働き、肌にハリを持たせたり、シミ予防をしてくれたりなどの働きがあります。また、免疫力を高めてくれる作用もあるので、風邪をひきやすい時期には積極的に取り入れたい成分です。

ビタミンCは、果物や野菜などのほぼ全般に含まれているので、摂取もしやすいと言われています。

ナイアシン

ビタミンBの一種で、糖質や脂質を燃やしてエネルギーを生成するときに、酵素を補うようにして働きます。また、二日酔いの原因にもなるアルコールの分解に使われる酵素の補助も行います。

他のビタミンと同様に皮膚や粘膜の健康を維持するための働きをサポートしたり、脳神経を正常に働かせたりする作用もあり、多方面で活躍する成分なのです。

ナイアシンは、カツオやサバ、たらこやマグロ、鶏肉やレバー、緑黄色野菜やきのこ類、豆類や小麦の胚芽などの豊富に含まれています。

ナイアシンをしっかり摂取したければ、これらの食材を多く使う和食などを中心に摂取してみてもいいでしょう。

葛の花減脂粒を試してみたい方は公式サイトへ!

葛の花減脂粒