胸の大きさを決めるのは1割の乳腺と9割の脂肪

そもそも、胸の大きさは遺伝で決まるものではありません。

女性のバストは1割の乳腺と9割の脂肪でできています。脂肪でできている胸を乳腺が支えているのです。確かに脂肪が多いと胸も大きくなりますが、その脂肪は一時的なもの。ダイエットに成功して脂肪が減少すれば胸もしぼんでしまいます。

本当に胸の大きさを決めているのは、乳腺がどれだけ発達しているかです。乳腺が発達すればするほど必要な脂肪が蓄えられていき、ハリのある大きなバストにしていくことが可能です。

この乳腺の発達は女性ホルモンの分泌量や生活習慣、血行の良さなどによって大きく左右されます。遺伝的な要素はほとんどありません。

バストアップは一見難しそうに感じられますが、生活習慣次第では大きくすることが本当に可能なのです。

ストレスや血行不良でも胸はしぼむ!

ぎゅーっとプエラリア ストレス
最近のデータ計測で、日本人の平均カップはCカップだということがわかりました。さらに、胸の大きさがA〜Bカップの場合、食生活や生活習慣の乱れや無理なダイエットを行なっている方が多いこともわかってきています。

胸の大きさには生活習慣などは関係なく、遺伝などが原因だと思われがちです。でも、実際はそうではありません。ストレスの多い生活や冷えた体を放置していると、胸もしぼんできます。血行が悪くなってしまうことで、胸まで栄養が届かない状態になってしまうのです。

バストアップといえばどうしてもマッサージやクリーム、エクササイズなどに注目してしまいがちです。でも、まずはストレスの少ない規則正しい生活で基盤を整えておかないと、この効果を発揮させることも難しいのです。

バストアップを加速させるための習慣

ぎゅーっとプエラリア バストアップ
美しいボディラインを作るためには、ダイエットと同様、毎日の規則正しい食事が欠かせません。

  • たんぱく質や野菜をしっかり摂れるバランスの良い食生活
  • 靴下や腹巻などを活用して、体を冷やさない生活をする
  • 毎日できるだけ乳腺の成長タイムである22時〜2時までに眠る
  • ストレスも上手に発散させて、溜め込まない生活を心がける
  • ストレッチやエクササイズなど、適度に運動をする
  • 自分の体のサイズにあった育乳ブラを取り入れる
  • 猫背などの癖を見直して、いつでも姿勢を正す

サプリを使うのももちろん良い方法ですが、どうせならさらに効率を上げるために自分の生活習慣をきっちり見直していきましょう。直接的な効果は見えにくいものですが、地道にコツコツ積み上げていくことで、少しずつ結果が見えてくるようになるはずです!

また、日々の成果をきっちり計測するのもモチベーションキープに良い習慣です。定期的に胸のサイズをチェックして、自分の周期によってどんな風に胸の大きさが変化していくのかを知っておくのも良いでしょう。