年齢肌対策化粧品おすすめ口コミランキング

年齢を重ねるごとに変わっていく肌にがっかりしていませんか?年齢肌の悩みを抱えているなら、化粧品で毎日ケアしてみましょう。「どうせ遅いし…」と諦めるのは化粧品製造技術が発達した今、もったいないことです。

年齢肌の悩みの原因や対策方法が分かれば、選ぶべき化粧品を絞ることができます。悩みに合った年齢肌対策化粧品をガイドしていきましょう!

年齢肌の原因と対策方法とは?

年齢肌特有の悩みは人それぞれですが、なぜ起こってしまうのでしょうか。正しく化粧品を選ぶためには、年齢肌の原因や対策方法を知っておくことが大切です。自分の生活習慣や肌質に照らし合わせながらチェックしてみましょう。

年齢肌の原因

年齢肌特有の悩みは様々ですが、大きく影響しているのは新陳代謝の低下です。肌細胞が生まれ変わる力が低下してしまい、年齢肌のサインが出てしまいます。新陳代謝が低下すると次のような肌の変化を感じることが多いです。

・紫外線ダメージを受けやすくなる
・肌の弾力がなくなる
・乾燥しやすくなる
・肌表面が固くなる

人は年齢を重ねると自然に新陳代謝が低下し、その影響でこれらのエイジングサインが出てしまうのです。

年齢肌の対策方法

年齢肌の悩みは加齢に伴って現れ根本的な改善が難しいのが特徴です。肌の老化現象を完全にストップさせることは不可能で、ケアを諦めてしまう女性が少なくありません。

しかし、「今から始めても遅い」と落ち込まずに正しくケアすれば肌の老化現象を遅らせることが可能です。エイジングサインに気づいた時に肌悩みに合った化粧品に切り替えれば、若々しい印象を取り戻すことができます。

自分に合った化粧品を選ぶと同時に、使い方を見直すことも効果的です。無意識のうちに肌に負担をかけてしまう間違ったスキンケアをしていないかどうか、この機会に見直してみましょう!

年齢肌の種類と特徴

新陳代謝低下が年齢肌の悩みの根本的な原因ですが、これはどんな悩みを引き起こしてしまうのでしょうか?多くの女性が悩む年齢肌の種類と特徴を解説していきます。

シミ・そばかす

年齢の変化を気にする女性が一番気にする悩み、それはシミ・そばかすです。できはじめのシミ・そばかすは薄いですが加齢と共に濃くなります。30代を過ぎるとシミ・そばかすが気になる方が多くなり、化粧で隠し切れず困ることもしばしば。

肌の新陳代謝が低下しメラニン色素の排出が遅くなるため、30代以降はシミ・ソバカスが濃くなってしまいます。できはじめのシミ・ソバカスほどスキンケアで改善することができるため、気づいた時にすぐ対策することが大切です。

たるみ

年齢を重ねると肌の弾力を支えているコラーゲン・エラスチンが少しずつ減少していきます。20代をピークに30代に入ると減少し始めるため、30代の女性はたるみの変化に気づきやすいのです。

新陳代謝が落ちるとコラーゲン・エラスチンの生産能力も低下します。その結果皮膚が重力の影響を受けやすくなりたるんでしまうのです。

30代は目の下や口元など乾燥しやすい部分からたるむのが特徴。肌の水分が少なくなると表面にシワが寄りたるみを助長してしまいます。

乾燥

肌のかさつきや水分量低下によるくすみを感じるのも年齢肌の特徴です。新陳代謝が落ちると古い角質が肌表面に残りやすくなり、水分量が低下しやすくなります。

角質の状態が悪くなることで肌はどんどん乾燥し、様々なエイジングサインを感じるようになってしまうのです。年齢肌の乾燥はキメが乱れやすく、化粧品の浸透が遅くなったり、メイクノリが悪くなったりします。

年齢肌対策化粧品の選び方

複雑な年齢肌の悩みを解決するには、適した化粧品でケアすることが第一歩です。数多くある化粧品から年齢肌対策ができるものを選ぶには、どうポイントを絞ればいいのか解説していきます!

メラニン生成を抑える薬用成分を選ぼう

多くの女性が悩むシミ・そばかすをケアするにはメラニン色素の生成を抑える働きをする成分が有効です。特におすすめなのが厚生労働省から美白の効果を認められている薬用成分。一般化粧品に含まれる成分よりも高い効果を期待できます。

保湿力の高さがカギ

年齢の変化を感じる肌をケアするなら保湿力の高い化粧品が必要です。乾燥から肌を守り水分に満ちた状態にすることで、エイジングサインをケアすることができます。

保湿力が高い化粧品でケアすると肌表面にツヤが出て若々しい印象を与えることが可能です。乾燥ケアをすると見た目を変えられるだけでなく、紫外線や刺激物質への抵抗力を高めることができます。

抗酸化作用がある成分配合が◎

肌の老化現象を防ぐには、抗酸化作用のある成分が含まれている化粧品でケアするのがおすすめです。

肌細胞が活性酸素と結びつくと老化現象を起こすため、抗酸化作用成分でケアをしましょう。化粧品に含まれることが多い抗酸化作用成分は以下の成分です。

・ビタミンC誘導体
・ポリフェノール
・アスタキサンチン
・レチノール
・ナイアシン(ビタミンB3)

年齢肌対策化粧品の使い方

年齢肌の悩みを解決するには化粧品を正しく使うことが大切です。せっかく品質の良い化粧品を手に入れても、肌に負担をかけてしまうスキンケアをしては全てが台無し。どのような使い方をすれば効果を確実に実感できるのでしょうか。

こすらないケアを徹底する

化粧品をしっかりなじませようとして無意識に力が入っていませんか?摩擦や必要以上の圧が肌にかかると、角質を傷つけてしまい乾燥を促進させてしまいます。

下向きに圧をかけると肌をたるませる原因となってしまうため、やさしく手でなじませることを徹底しましょう。

気になる部分は重ねづけ

乾燥がひどい口元や目元などは、仕上げのクリームを重ねづけすることで効果的に使用できます。皮脂の分泌が少ないパーツは、油分の多い化粧品で適切にケアしましょう。

夜なら寝る前に重ねづけする、外出先なら化粧直しのタイミングなどで塗るなど重点的なクリームの使用をすると乾燥を防止できます。

浸透が悪いときは角質ケアをする

年齢の変化を感じやすい30代以降は肌表面に古い角質が残りやすくなります。余分な角質が残っている状態だと化粧品の浸透が悪くなり効果を感じにくくなるため、定期的に角質をオフするケアをしましょう。

まとめ

年齢肌の悩みは複雑で解決が難しく、化粧品でのケアを諦めてしまう女性が少なくありません。「どうせ今さら」と考えるのではなく、「気づいた時に始めれば周囲と差がつけられる!」とポジティブに切り替えてみませんか?

化粧品の製造技術が進歩した今、スキンケアを諦めてしまうのはもったいないことです。悩みに応える化粧品を正しく選んで使えば、加齢による変化に立ち向かうことができます。
年齢肌の悩みに合った成分を配合した化粧品で、周囲がうらやむ美肌を手に入れてください!