オーガニックコスメだから肌に優しいは嘘?!

食の安全と同じように化粧品もオーガニックブームが続いています。しかし気を付けなければいけないのは、オーガニックだからといって肌に優しいわけではないということです。
オーガニックコスメとは有機素材(化学合成成分(農薬や肥料)使用せずに栽培されたもの)で作られたコスメです。オーガニックコスメは植物エキスでできているのですが、その構造自体は複雑なもので人間の肌につけると荒れたりかぶれたりすることがあります。

また最近の流行りだしたコスメということもあり、まだ明確な成分等の規定がありません。
なのでオーガニックと謡っているコスメの多くが、実際は添加物を使用しているのです。アレルギーを引き起こしてしまう原因となる界面活性剤(肌の汚れを落とす洗浄の働き)は、抑えられているのでアトピー性皮膚炎の方に優しいコスメであることは事実です。しかしオーガニックだからといって、全てが自然成分のみのコスメではない場合が多いということを知る必要があります。

オーガニックコスメがダメというわけではありませんが、全てに対して良いイメージを持つのは危険です。特に敏感肌の人は注意して使用する必要があります。
なぜならオーガニックコスメは天然素材を使用しています。天然素材は植物や大豆などの成分を含んでいるので、含まれている成分に対してアレルギーをもっている人は、かゆみがでたり乾燥したりなど荒れてしまう原因になってしまいます。

人によっては刺激を感じ、肌荒れを引き起こす

またオーガニックコスメはケミカルコスメと違い、自然に行う働きを助ける役割がありません。実際に日常的に使用している化粧品などは、この働きをサポートしてくれる役割成分が入っています。いきなりオーガニックに変えてしまうと肌へのサイクルが変わってしまうため、肌が乾燥するという結果になってしまうケースがあります。
またオーガニックのクレンジング剤を使用すると、肌があれたというケースもよくあります。実際にクレンジング剤は肌への負担が大きいため、低刺激のオーガニックを使用すること自体は間違えではありません。しかしオーガニックになると、通常のクレンジング剤よりも濃度が落ちてしまいます。その為、濃いめの化粧をしているときれいに落とすことができずに、肌にのこりニキビや色素沈着のシミの原因にもなってしまいます。クレンジング剤をオーガニックにする場合は、合わせてその他化粧品も低刺激のものに変えましょう。

ではオーガニックコスメは全くダメなのかというとそうではありません。
日本にはオーガニックコスメと謡っていい認証機関がないため、実際は化学成分を多く含んでいる商品があることや成分にアレルギー反応を起こす可能性がある。という事を理解したうえで使用する分にはたくさんのメリットがあります。

オーガニックを使用するメリット

・菌などの異物が侵入することを防ぐバリアを作ってくれる
・肌本来の持つ力にアプローチするためニキビが減ったり、乾燥やかゆみといった肌トラブルを軽減させる
・ノンケミカルにこだわったオーガニックコスメであればアンチエイジングに効果的
・天然精油でリラックス・癒しの効果あり

ダメージの多い化粧品で、壊れた肌のバリア機能を回復させてくれる役割があります。これは使い続けることが大事で、今の肌というよりも今からの肌に効果抜群です。
オーガニックコスメを購入するときに大事なのは貴方に必要なのかです。デメリットを理解したうえで、自分の肌トラブル解決の手助けになるものなのかを見極めてください。またすべての成分がオーガニックではない化粧品がほとんどです。どの成分がオーガニックなのかは、しっかりとパッケージやホームページで把握してください。成分が記載されていないものは怪しいので購入は避けてください。
また日本には規定がないものの海外では「ECOCERT(エコサート)」「demeter(デメター)」「COSMOS(コスモス)」が、規定を満たしているというマークになるので、このマークを基準に購入しましょう。基本化粧品(クレンジング、洗顔料、化粧水、クリーム、乳液、オイル)などのアイテムは沢山の種類があります。

ECOCERT(エコサート)の基準

拠点:フランスのトゥールーズ
元サイト:http://www.ecocert.com
検査方法:食品化学分野・化粧品分野・農業分野の専門家が審査
基準一例
▶完成品の95%が自然原料である
▶化学香料や化学保存料の使用は不可。
▶植物原料の95%がオーガニックである
▶完成品の10%がオーガニックである

demeter(デメター)の基準

拠点:ドイツ
元サイト:
検査方法:社団法人「デメター」は有機栽培農家と加工者や生産者が参加し審査
基準一例
• ▶ビオ・ダイナミック農法によるデメター認証原料を90%以上含んでいること
• ▶10%はデメターに規定されたオーガニック栽培の原材料または野性の原料を使用する
• ▶水を多く含む化粧品は認定の原材料を、66%~90%含む
• ▶乳化剤は、必ず自然の物を使用
• ▶乳化剤は、化学合成の原料(香料、着色料、保存料、界面活性剤)は使用不可
• ▶遺伝子組み換えが行われた植物やナノテクノロジーの使用不可

COSMOS(コスモス)の基準

拠点:欧州(欧州5団体が「COSMOS」を国際NPO協会設立)
基準一例
▶完成品の20%以上がオーガニックである。
▶原材料は自然材料(水、ミネラル、農業系材料)を極力使用する
▶水やミネラルはオーガニックとしての認定対象外
▶石油化学系の成分や触媒や溶媒の使用不可(ただし安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ペンチルアルコール、デヒドロ酢酸は一部使用を許可)