成長因子美容液(グロスファクター美容液)おすすめ口コミランキング2018

成長因子(グロスファクター)とは

成長因子(グロースファクター)とは、もともと体の中でつくられているタンパク質です。
ここでは美容効果のある代表的な成長因子を、4つそれぞれ紹介していきます。

EGF

これは上皮成長因子とも呼ばれ、グロースファクターの化粧品にも多く使われている成分です。
また皮膚の再生を促す働きがあることから、美容だけでなく医療の分野でも多く使われています。

細胞の再生力をアップさせることで肌のたるみ、くすみ、乾燥といった肌トラブルを広く改善する効果があります。

肌の表皮にある細胞に働きかけるので、ニキビや吹き出物など肌の表面にあるトラブルにも効果的です。

肌の代謝を促してくれるので肌全体を明るくしてくれる効果もあります。

EGF化粧品・EGF美容液おすすめ口コミランキング

FGF

線維芽細胞成長因子とも呼ばれるこの因子は、肌の表面ではなく真皮に働きかけます。
真皮では肌のハリを保つことで知られているコラーゲン、ヒアルロン酸などを生成しているため、この因子を使用することで肌を真皮から回復することができます。

肌のアンチエイジングや再生に非常に効果的なので、美容外科でもよく使われています。

もともと肌にある線維芽細胞成が減少することで、肌は弾力を失いシワなどができてきます。
減少してしまう現象は加齢や生活習慣ですが、肌を真皮から回復させることで失った弾力を取り戻すことができます。

IGF

インスリン様成長因子とも呼ばれている因子です。
これは細胞の分裂や成長促進効果があります。

細胞の再生を手助けする効果があるため、細胞を活性させることにより肌の老化を防ぎます。

この因子は成長ホルモンが分泌されることによってつくられる因子のため、成長ホルモンの減少によって生成が少なくなってきます。

コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力に必要な成分量を増やすことで、アンチエイジング効果をもたらします。

また細胞を活性化させることができるので、肌の再生以外でも育毛としても使われることが多い因子です。

TGF

トランスフォーミング成長因子とも呼ばれるこの因子は、再生力が高いことで知られています。
肝臓は体の機能の中でも再生力が高いですが、その再生を担っている因子でもあります。

肌に対しても肌表面にある細胞を増やすことで知られており、美肌に必要なコラーゲンやエラスチンなどを増やす効果があります。

また、再生だけではなく保護をしつつ炎症を抑える効果もあることから、肌の弱い人も使いやすい因子です。

アンチエイジングの他、敏感肌の改善としても使用されることがあります。

成長因子美容液(グロスファクター美容液)にアンチエイジング効果はある?

成長因子美容液はアンチエイジングに効果的です。
細胞レベルからの回復が期待できますが、では具体的にどのような変化があるのか2つに分けて説明していきます。

コラーゲンやエラスチン量をアップさせてくれる

よく美容成分として配合されているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸ですが、これはもともと肌にある成分です。

これらの成分は肌の弾力や水分をキープしている肌にとってとても重要なものですが、年齢と共に減少していきます。

すると肌は乾燥し、弾力がなくなり、ハリも失われます。
ですが成長因子美容液を使うことでこの失ったコラーゲン量を増やすことができるようになるのです。

コラーゲン配合などの美容液との大きな違いは、直接コラーゲンを塗っていくのではないという点です。

「コラーゲンなどを作っている細胞に働きかけて生成を増やす」ことができるので、肌を細胞からよみがえらせることができるのです。
細胞を増やすことで肌の活性をしてアンチエイジングとなるのが、成長因子美容液の特徴です。

肌のターンオーバーを回復してくれる

肌にはターンオーバーという、肌のサイクルがあります。
このサイクルは食生活や生活習慣、加齢により乱れが起きてしまいます。

肌のサイクルが正常であれば何かトラブルがあったときに正常に戻る作用が働きます。
しかしサイクルが乱れていると皮膚がうまく生まれ変わることができないので、肌トラブルを回避することができなくなってしまうのです。

具体的にいうとシミ、かさつき、吹き出物、ニキビ痕などです。

ターンオーバーがしっかりしているとシミができる前にメラニンを体外に排出しますし、吹き出物もできにくくなります。
吹き出物ができても代謝がしっかりしていると痕になることも少ないのです。

成長因子美容液は、細胞に働きかけるので肌のターンオーバーを正常に戻すことができます。
美容液で減少してしまった細胞を補い、そして細胞を活性させることでトラブルのない肌にしてくれますし、顔全体のくすみにも効果的です。

成長因子美容液(グロスファクター美容液)に副作用はある?

成長因子美容液は、基本的に副作用はありません。
アレルギーなどもおきにくい美容液だといわれています。
ですが世間でいわれている副作用の可能性について2つに分けて紹介していきます。

副作用がないといわれている理由

成長因子はもともと体内にあるものです。
もともと体にもっているタンパク質ですし、加齢などが原因で減少し美容液でそれを補うだけなので副作用がないのです。

体にもともとあるものでも過剰になりすぎると副作用が起こる場合もありますが、成長因子は過剰になると体外に排出されるようになっています。

それは注射だけでなく、成長因子美容液でも同じことが言えます。
美容液などではまず過剰になることは考えられにくいですが、仮に多すぎた場合は排出されるので副作用などはおこりません。

そういった理由があるので副作用は考えにくいのですが、美容液には添加物が入っていることもあります。
その添加物により副作用を感じることもあるのです。
グロースファクターは高価なので、安価すぎる美容液には注意も必要です。

グロースファクターには発がん性がある?

成長因子美容液にはグロースファクターが配合されていますが、この中の「EGF」という因子には発がん性があるとも言われています。

ですがこれはあくまで過剰摂取した人の中のほんの一部です。
この因子のより遺伝子変化を起こした場合にのみ発がん性があるとされています。

しかしこれは注射をした場合にごくごく稀におこることで、医薬品や化粧品として使う場合はあり得ないとされています。
ノーベル賞を受賞した因子ですし、厚生労働省の認可もうけているので副作用は心配しなくても良さそうです。

成長因子美容液(グロスファクター美容液)の選び方

成長因子美容液は効果が高く人気があるので、いくつも種類があります。
どんな美容液を選んだらいいのか悩む人も多いので、成長因子美容液を選ぶ基準を紹介していきます。

どの成長因子が配合されているかをチェック

成長因子にも種類があります。
どの因子でも肌に効果的ですが、できれば「EGF」と「FGE」の入っている美容液がおすすめです。
EGFは肌の表面に、FGFは肌の真層に届く成分なのでできれば両方入っている方が肌への効果に期待ができます。

また敏感肌であれば「TGF」の入っているものを選ぶという選択もあります。
自分の肌にどのような効果がほしいのか考えて配合されている因子の種類をチェックするようにしてください。

基本的には因子の種類が多い方が肌にとっても効果的になっています。
何種類配合されているか、どれが配合されているかは必ず見ておきましょう。

高すぎず安すぎない美容液を選ぶ

グロースファクターはそもそも高価なので、安価すぎる値段では販売していません。
あまりに安い美容液だと成分が心配なので、あくまで平均的な美容液を選ぶことをおすすめします。

また高価すぎるとどうしても継続できないということがあるので続けられる値段であることも大事です。
美容液は継続して使うことが大事なので、「安すぎず高すぎない」ものがおすすめです。

添加物の入っていないものを選ぶ

添加物はできるだけ入っていない方が肌にいいです。
保存状態の問題で多少入っている程度なら構いませんが、添加物は少なければ少ないほど良いと考えてください。

「5つのフリー」など「フリー」と書かれているものは添加物が少ないので、しっかり表示をチェックしておきます。
特に肌の弱い人は気をつけて選んでいきましょう。

成長因子美容液(グロスファクター美容液)の特徴

透輝の滴

透輝の滴
透輝の滴」はGF様成分が8種類配合されています。
EGF、FGF、IGFの3種類の成長因子が入っているので幅広い人に効果的です。
石油系の界面活性剤やパラベン、合成香料などが不使用、若干とろみのある美容液です。

香りもなく、素早く肌に浸透していきます。

もともとはエステなどで使われていましたが、一般販売もされるようになった美容液です。

詳細を見る

シグナリフト

シグナリフト
「シグナリフト」は、研究と臨床を行って開発された美容液です。
厚生労働省の認可を受けた研究所でつくられているので安全性も高いです。

EGF、TGF、IGF、KGF、HGFの5つの成長因子が配合されており、鉱物油、防腐剤、シリコン、パラベンなど8つのフリー商品です。

サラッとした水っぽい使い心地で香りもなく、伸びがよい美容液です。

詳細を見る

ナイト&デーエッセンス

ナイト&デーエッセンス
「ナイト&デーエッセンス」はEGFとFGF配合の化粧下地にもなる美容液です。
紫外線カット成分配合、メイク崩れを防いでくれる下地になっています。

美容効果を兼ね備えた化粧下地なので使い心地が良く、昼間は下地として夜は美容液として使うことができます。

その他にもコラーゲンやヒアルロン酸など多くの美容成分も配合されています。

詳細を見る

コンシダーマル

コンシダーマル
「コンシダーマル」は皮膚臨床薬理研究所と共同で開発した美容液です。
EGFを配合していますが、その他にもプラセンタやスクワランなど保湿効果のある美容成分を多く配合しています。

オールインワンタイプなので洗顔後は1本で肌ケアを行うことができます。
化粧水や乳液、クリームなど1本で6役をこなします。
5つのフリーなので低刺激でもある美容液です。

詳細を見る

リルジュ

リルジュ
「リルジュ」はEGF、FGF、IGFと3つのグロースファクターを配合しています。
その他、配合されているグロースファクターがより肌に届くように、「EDP3」「リジュライン」などの美容成分が3種類配合されています。

水のようにサラッとしているのでベタつきもなく、とろみのない美容液です。
保湿成分は配合されておらず、グロースファクターをメインで考えて作られています。

詳細を見る

JFエッセンス

JFエッセンス
「JFエッセンス」はEGF配合の美容液です。
その他にも「腐らないリンゴ」として有名な「ウトビラースパトラウバー」というリンゴ幹細胞エキス、「奇跡の木」として知られる「アルガンツリー」の幹細胞エキスを配合しています。

細胞をサポートする成分と細胞を活性させる成分が配合されているので、肌の基礎ケアに向いています。

詳細を見る

セルビック

セルビック
「セルビック」はh-EGFとFGF配合の美容液です。
またコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸やプラセンタも配合されている美容成分の多い美容液でもあります。

EエッセンスとFエッセンスの2種類が販売されており、Eエッセンスにはh-EGFがFエッセンスにはFGFが入っています。
どちらにもプラセンタなどの美容成分は配合されています。

Eエッセンスに入っている「h-EGH」はEHGとは異なりますが、化粧品としての大きな違いはないとされています。

詳細を見る

ジュランツ

ジュランツ
「ジュランツ」はEGF、FGF、IGFの3つのグロースファクターが配合されています。
また保湿成分としてヒアルロン酸やセラミド、シワや毛穴の引き締めに効果的といわれているレチノールを配合しています。

また美白成分として知られるビタミンC誘導体、「腐らないリンゴ」として有名な幹細胞エキスも配合されている高濃度の美容液です。

詳細を見る

PCCプレミアムジェルF

PCCプレミアムジェルF
「PCCプレミアムジェルF」はEGF、FGFが配合されています。
その他、天然のセラミドと呼ばれるセレブシド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、ビタミンC誘導体なども配合されています。

また毛穴を引き締める成分も6種類配合されるなど、肌への様々な効果が期待できる美容液です。
弾力のあるジェルのような美容液で、化粧水と乳液の間に使うと効果的です。

詳細を見る