たるみ対策化粧品おすすめ口コミランキング

たるみ対策化粧品おすすめ口コミランキング

重力に肌が勝てなくなってきた…と感じていませんか?どんないにきめ細かい素肌でもたるみがあると一気に見た目年齢が上がってしまいます。約9割の女性が悩んでいる(※シロノクリニック調べ)と言われているたるみは、毎日のスキンケアでどう改善していけばいいのでしょうか。

そんな疑問を解決すべく改善の方法や対策に使える化粧品について探ってみました。たるみ対策をマスターして周囲との差をつけましょう!

たるみの原因と改善する方法とは?

ほとんどの女性が悩んでいるたるみ。30歳前後から気になり出すことが多く、「年齢だから仕方がない」とケアを諦めてしまう女性も多いそうです。しかし、正しくスキンケアすれば対策は確実にできます。たるみを改善するために、まず原因や方法を押さえておきましょう。

たるみの原因

肌が重力に負けてたるんでしまうのにはさまざまな原因があります。直接的な原因は体内のコラーゲン量の減少です。これは肌のハリを支える土台を作っているもので、年齢とともに自然と減少していきます。

ハリの低下はコラーゲンだけが原因ではありません。年齢を重ね脂肪の代謝機能が落ちてしまうことも関係していると言われています。顔周りについた脂肪が燃焼されづらくなり、皮下脂肪としてたまってしまうのです。その結果重さとなって重力の影響を受けやすくなってしまいます。

筋肉が弱くなってしまうこともたるみの原因です。筋肉の質が低下し皮膚を支える力が弱まってしまうと、たるみとして顔に現れます。体内で以上の3つの変化が起きるとたるみが出ますが、これを助長させてしまうのが乾燥・紫外線です。

たるみを改善する方法

 
たるまないハリ肌を目指す方法はいくつかあります。肌内部で起こってしまっているたるみ現象をストップさせるために有効なのは新陳代謝アップで、生活習慣の見直しである程度改善できるのです。

食事や睡眠を正しくすることで肌は変わりますが、それだけではケアが追いつかないという場合には化粧品で地道にケアする必要があります。たるみは乾燥や紫外線ダメージも関係しており、いくらインナーケアが完璧でも基本的なスキンケアができていないと悪化してしまうでしょう。

肌内部の変化に対応できる化粧品を選び、効果をしっかり実感できる使い方でケアしていくことがたるみ改善への近道なのです。

たるみに効く化粧品の選び方

年齢の変化とともにたるみが気になる肌は、どのような化粧品でケアしてくのがいいのでしょうか?ポイントになる成分に焦点を当ててみました。

コラーゲン生成の働きを高めるものを

冒頭でも説明した通り、たるみはコラーゲン量の減少が直接的な原因です。それにアプローチできるのは「コエンザイムQ10」や「ビタミンC誘導体」などの成分。肌内部のコラーゲン生成をサポートし、肌のハリを支える効果が期待できます。

コラーゲン量は20代をピークに減少していきますので、早めに取りいれるといいでしょう。たるみを感じてから使っても決して遅くはありません。始めたい、と思った時に対策を開始すれば間に合います。

「糖化」対策もしてみよう

たるみとともに肌の黄ぐすみが気になるなら、糖化対策ができる化粧品がおすすめです。糖化とは体内の糖とタンパク質が結びついてしまう現象のことを言います。コラーゲンと糖が結びついてしまうと、肌弾力を支えるコラーゲン線維の強度が落ちてしまいハリ低下につながってしまうのです。

肌のくすみを感じる場合は糖化している可能性がありますので、糖化対策できる成分を含んだ化粧品を選びましょう。メーカーによって糖化対策できるとうたっている成分はさまざまで、代表的な成分はイチョウ葉エキス、カルノシンなどです。

血行不良を改善できる成分もグッド

顔の血流が悪くなってしまうと、新陳代謝が落ち筋肉の質の低下・皮下脂肪の蓄積につながってしまいます。それを予防するには血行不良を改善するビタミンEなどの成分も有効です。

顔色が優れない・むくみやすいといった体質の方は血行不良を改善するケアをプラスするといいでしょう。スキンケア全体の効果を下支えしてくれますので是非取り入れてみてください。

たるみ対策化粧品おすすめ口コミランキング

たるみに効く化粧品の使い方

肌のハリを呼び覚ます化粧品には、いくつかの使用上のコツがあります。より効果実感をしやすくするために心がけておきたいポイントをまとめました。

プレ化粧水を使う

たるみが気になる年代の肌は、余分な角質が肌に留まりやすく化粧品の浸透が悪い傾向にあります。肌の角質層にしっかり成分を浸透させるには、プレ化粧水で水の通り道を作っておきましょう!

乾いた土に水やりをしてもはじいてしまうように、水分がなじみにくい肌に化粧品を塗っても浸透しません。エイジングケア成分は角質の深い層までしっかり届けないと効果が実感しづらいです。浸透力を高める下準備をしてからたるみ対策化粧品を使うようにしてください。

肌のごわつきやざらざらがひどいようなら、ピーリングや酵素洗顔などで角質オフのケアをするといいでしょう。

「こすらない」ケアを徹底する!

忙しい時のスキンケアは、ついつい手やコットンでこするように行ってしまいがちです。摩擦は肌の角質にダメージを与えてしまい水分が蒸発しやすくなってしまいます。

せっかくたるみ対策ができるいい化粧品を使っても、角質の表面が痛んでしまうと効果実感がしにくくなってしまうのです。

肌の乾燥を防ぎたるみの原因をブロックできるように、手でやさしく押し込むように基礎化粧品を使うようにしてください。手からこぼれやすいサラサラした化粧水は、スプレーにつめかえて顔に吹きかけてから手でなじませると使いやすくなります。

首や目のツボを押しながら使う

たるみを根本から改善していくには血行の改善やむくみケアも必要です。スキンケアの最後に使うクリームを塗るとき、首や目の周辺のツボ押しをして仕上げるといいでしょう。

何十分もかけて行う必要はなく、1日の終わりに数分間行うだけでも血行・むくみ対策になります。「今までエイジングケアにチャレンジしたけど、効果が実感しにくかった」との経験がある場合は、習慣にしてみてください。

下まぶたのくぼみ部分や眉の周辺、鎖骨にツボは集中しています。1日の終わりに深呼吸しながらクリームを使ってツボ押しすれば、すっきりした顔が手に入ります!

たるみを早く・効果的に改善する習慣

肌を美しくするには、毎日の習慣を見直すことも必要です。もしかすると何気ない日常の行動がたるみを生み出しているかもしれません!習慣をチェックして、たるみ改善の効果をアップできるようにしてみましょう。

出来るだけ下を向かない!

ほんのちょっとした心がけなのですが、意外とたるみに直接関係しているのが姿勢です。スマホやパソコンを使用していると無意識のうちに下を向いてしまいます。スマホが普及してから、何と今までたるみを訴えてこなかった20代前半の女性も悩むようになってきているのです。

毎日下を向いている時間が長いと確実にたるみにつながるので、猫背にならないように対策しましょう。座り仕事が多いなら姿勢が安定するクッションを使うのがおすすめです。

軽い運動をする

血行不良は肌の新陳代謝を落としてしまいます。根本から肌を変えていくには軽い運動は必要不可欠です。仕事や家事で忙しいと毎日外に出て運動するのは非常に難しいでしょう。

それでも諦めずに、1日5分のストレッチから始めてみてください。寝る前に行うと睡眠の質も良くなり一石二鳥です。全身の血行を良くするなら、ふくらはぎ・骨盤周り・肩甲骨を中心にストレッチするといいでしょう。

表情筋トレーニングを行う

顔をすっきりさせて印象をアップさせるなら、表情筋トレーニングもおすすめです。特に口周辺の筋肉を動かすとたるみ対策だけでなく、口角を上げて元気な表情を手に入れることもできてしまいます。

口を閉じてふくらませる・しぼませる動作を交互に1分間行ってみてください。これだけでもかなり顔の筋肉を使って疲れを感じるはずです。やりすぎると痛くなってしまうので、「ちょっと疲れるな」くらいでとどめておきましょう。

地味なケアですが、モデルや女優も日頃取り入れているたるみ対策として知られています。特別に用意する道具や化粧品がないので、今日からすぐに始められるもの嬉しいポイントです。

まとめ

多くの女性が悩んでいるたるみ。見た目年齢をアップさせてしまうので1日も早くケアして、原因を断ち切ることが大切です。「たるんできたな」と思った時がケアの始め時。気づいた時点でスキンケアを見直しても決して遅くありません。

正しい努力をすれば肌は応えてくれます。スキンケアをたるみ対策のものに切り替える、美の習慣を取り入れてみる…そうすれば数年後に「あの時頑張ってよかった」と思えるはずです。