トラネキサム酸配合化粧品おすすめ口コミランキング

トラネキサム酸配合化粧品

シミ・そばかす、肝斑など大人の肌には常に悩みがつきものです。そんな女性に人気なのがトラネキサム酸配合化粧品。これにはどのような効果があるのでしょうか。トラネキサム酸の秘密と、おすすめのトラネキサム酸配合化粧品口コミランキングをチェックして、肌悩みを解決しましょう!

トラネキサム酸とは?

代表的な美白成分として有名なトラネキサム酸は厚生労働省から効果を認められた成分です。配合されている化粧品は「医薬部外品」と表記されており、一定の効果を実感することができます。

トラネキサム酸は元々医療現場で止血剤として使用されており、医薬部外品の有効成分として承認されたのは2002年です。抗炎症作用が薬剤の主な効果ですが、副効用として美白効果があることが分かり化粧品に応用されるようになりました。

トラネキサム酸配合化粧品の効果とは?

医療現場で活躍するトラネキサム酸ですが、化粧品としての効果はどのようなものがあるのでしょうか。美白にどうして効果的なのかメカニズムも一緒に解説します。

炎症を抑える効果

トラネキサム酸の主な効果は抗炎症作用であり、組織の炎症をしずめ健康な状態に導くことができます。紫外線などの外的ダメージを始めとして人の肌は常に炎症を起こすリスクを抱えていますが、それに対抗できるのがトラネキサム酸です。

日焼け後の炎症、アレルギー反応による炎症を抑え肌を健康にするのが大きな役割となっています。「トラネキサム酸=美白専用」というイメージが強いのですが、炎症を起こした肌荒れに効果があるのです。

美白効果

トラネキサム酸の効果は、メラニン色素の発生を抑制できることです。どうしてこの成分がシミ・そばかすなどの予防に効果的なのでしょうか。メカニズムを簡単に説明しましょう。

人の肌は炎症を起こすと、シミなどの元になるメラニン色素生成を誘導する「プラスタグランジン」を生み出します。紫外線などで炎症するとメラニン色素ができる一因はここにあります。

トラネキサム酸を使用すると、炎症を防止し「プラスタグランジン」の発生を抑えてくれるためメラニン色素を「作らせない」ケアをすることができます。シミの原因であるメラニン色素を初期段階でブロックし、美白効果を得ることが可能です。

トラネキサム酸配合化粧品の選び方

女性の肌悩みを解決してくれるトラネキサム酸配合化粧品は、どのような基準で選べばよいのでしょうか。しっかり効果を実感するために、大切な3つのポイントを紹介します。

継続して使える値段かどうか

シミやそばかす、肝斑などを改善していくには数ヶ月トラネキサム酸配合化粧品を使い続ける必要があります。肌のターンオーバーに合わせて、じっくり使わないと美白効果が実感しづらいためです。

今あるメラニン色素を排出させ、奥に潜む予備軍もケアするには3ヶ月程度の期間がかかってしまいます。それを考えると、継続して使用できる値段かどうかは非常に大切なのです。

将来的にシミなどを予防したいのであれば3ヶ月以上継続する必要がありますし、続けられるかどうか厳しくチェックしましょう。

他の美白有効成分もチェック

トラネキサム酸は単体でも効果を発揮することが認められていますが、さらに他の美白有効成分も複合的に配合されているとさらに効果実感がしやすくなります。

冒頭でも紹介したとおり、トラネキサム酸はメラニンが生成される初期段階でストップをかけてくれる成分です。

初期段階のケアだけでなく、できてしまったメラニン色素の排出を促すケアも一緒にできると、美白効果はさらに感じやすくなります。ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などと組み合わせている化粧品を選ぶことがおすすめです。

オイルベースかどうか

トラネキサム酸はオイルベースの化粧品の方が経皮吸収効率がよいため、油分を含むオイル系の美容液やクリームで取り入れるのが効果的です。化粧水でも構わないのですが、より効果を実感したいのであればオイルベースのものにしましょう。

最近のオイル美容の流行により、各社化粧品メーカーはオイルベースの美白化粧品を開発しています。美白成分を使いこなすにはベースにこだわってみてください!

トラネキサム酸配合化粧品おすすめ口コミランキング

トラネキサム酸配合化粧品の使い方

シミ・そばかすや肝斑などに効果的なトラネキサム酸配合化粧品を使用するコツ・注意点はどのようなものなのでしょうか。悩みを早く解決するためにも正しい使い方をマスターしましょう。

使用量・回数を守る

トラネキサム酸配合の化粧品は、1回の使用量を守り規定回数通りに使うようにしてください。医薬部外品に含まれるトラネキサム酸の配合濃度は、肌トラブルのリスクが少ないとされていますが、必要量以上使うと刺激になる可能性があります。

回数もきちんと守りましょう。1日2回塗ることを明記されている化粧品を、夜にしか使わないと思うように効果が出ない場合があります。美白化粧品は回数を守ってこそ効果・実感を得られるアイテムですので、パッケージを確認して使うようにしましょう!

手のひらで温めて使う

トラネキサム酸配合の化粧品はオイルベースのものが多いです。より肌への浸透性を高めるために、手のひらで温めてから塗るようにしてください。

そうすることで角質層内への浸透が高まり効率的に有効成分を届けることができます。手のひらで温めてから塗るとべたつきを抑えることもできて一石二鳥です!

内服薬とのW使いが効果的

肌悩みが深刻であれば内服薬との併用をおすすめします。トラネキサム酸配合の医薬品は市販品が存在し、ドラッグストアや薬局に行けば誰でも購入できるのでチャレンジしてみましょう!

ただし、使用上の制限がいくつかあるので注意が必要です。ピルとの併用ができない、腎臓機能が低下している場合は控える、2ヶ月継続して飲むことは避ける…など制限があります。

まれに吐き気やだるさを感じてしまうケースもあるため、体調に不安があるなら販売員や医師に相談することをおすすめします。服用に注意が必要なのはどの医薬品も同じですので、過剰に怖がらずプロに相談してください。

本気で悩んでいるなら皮膚科の医師に「トラネキサム酸の医薬品を飲んでシミを改善したいのですが、体に合うか心配です」と相談してみましょう。内服薬への理解が深まるほか、医師のアドバイスを受けることができます。

まとめ

大人のシミ・そばかす、そして肝斑などに効果を発揮するトラネキサム酸は美白効果を実感できる心強い成分です。他の美白成分で効果を得られなかったからどうせダメ…と諦めず、チャレンジしてみましょう。

美しい肌は、諦めずにケアすれば必ず手に入れられます。今からでは遅い、ではなく今からやれば間に合う!と前向きにスキンケアを楽しんでください。その気持ちがあれば周囲との差がつくはずです。